• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

12/07(水)は
1342
閲覧
New Standard
酒と泪と女と女

「私より稼げて誠実な男性と結婚したい」なぜプロが跋扈するレッドオーシャンに返り血 を浴びに行くのか? アルテイシア×川崎貴子対談(第2回)

Writter: 川崎貴子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th_P1221428

酒と泪と女と女

女性の裏と表を知り尽くし、フォローしてきた女性は1万人以上。「女のプロ」の異名を取るninoya取締役の川崎貴子が、昼の人材コンサルティングから、夜の酒と泪の現場まで。若いお嬢さん方へ、いまを生き抜く術をお伝えするブログです。

オクテ女子のための恋愛基礎講座』を上梓された人気恋愛作家・コラムニストのアルテイシアさんと、昨年『結婚したい女子のための ハンティング・レッスン』を出版した女のプロ川崎貴子の初対談。全4回に分けてお送りする対談の第2回は恋愛市場で取るべきポジショニングについてです。ギラギラ男子に伴うマッチョイズム、そして柳系男子のストレス耐性とは。

アルテイシア
神戸生まれ。大学卒業後、広告会社に勤務。現在の夫であるオタク格闘家との出会いから結婚までを綴った『59番目のプロポーズ』で作家デビュー。著書に『恋愛格闘家』『もろだしガールズトーク』『官能女子養成講座』『オクテ男子のための恋愛ゼミナール』など多数。

川崎貴子
株式会社ジョヤンテ代表取締役。ninoyaブログにて「酒と泪と女と女」を連載。婚活結社「魔女のサバト」主宰。著書に『愛は技術』『結婚したい女子のための ハンティング・レッスン』『私たちが仕事をやめてはいけない57の理由』ほか。

アルテイシア(以下、アル):川崎さんはどうしてご自身にはギラギラした男性が合わないと悟られたのでしょうか?

川崎貴子(以下、川崎):私はもう、ずーっと、そもそも周りにギラギラした人しかいなかったので、恋愛対象もそういう人になっちゃっていたんですよね。最初に結婚した人も経営者だったので一応ギラギラした人だったんですけど、ものの見事に玉砕するわけですよね。離婚しちゃうんで。

でも、彼は友達としてはすごいフェアだったんですね。男尊女卑でもないし。ただ結婚した途端、「夫とは、妻とは」っていうのがお互いに出ちゃったんですよね。ま、結局ギラギラ同士の結婚だったっていう話なんですけど。

アル:いわゆる精神的マッチョってやつですか?

川崎:そうそう。私もマッチョ側だし(笑)で、その発露のトリガーが結婚だったんですね。

アル:そこはやっぱり、保守的な結婚観みたいなのを持ってらっしゃったんでしょうか。

川崎:持ってたんですよね。だからやっぱり、なんだろう、職業で決めるわけじゃないけど、ギラギラした男性って本当に合わないんだなぁという風に離婚して実感しまして。

アル:うんうんうん。わかります。

川崎:とにかく「オレ様が!」っていう土建屋の社長みたいなタイプに昔から好かれがちだったんですよ。若かりし頃から。

アル:私もそうでしたけど、普通の男子にはビビられてしまうんでしょうね。

川崎:それこそ本当に金のネックレスやブレスレットや時計がギラギラしているので。

アル:昔の不動産屋みたいな?セカンドバッグ抱えて。

川崎:そうそう(笑)。私にとってはそういうのすごくセンスが悪く見えるんですよ。だから余計に女性性として「私はセンスの悪い人にしか受けないんだ」って思い悩んじゃう。

で、結局そうじゃない人が来てくれても「わ、もしかしたらキミもセンス悪いのか」って先に思ってしまう。だから上手くいかないんですね。それでセクシャルな部分ではなく、親友みたいな人と結婚した方が良いだろうと。それが最初の結婚ですね。

アル:でもなんか、それは裏切りですよね。あなたあんなに対等だったはずなのに、何?みたいな。すごいこう、梯子外された感がありますよね。

川崎:ありましたね。ただ、それもお互い様なんですよ。私も同じだけ変わりましたからねただ、離婚間近には殆ど会話らしい会話はできませんでしたね。

アル:それは夫婦仲が冷めますよね。

川崎:向こうは向こうで、結婚したら私がもっと変わると思ったんじゃないですかね。母親になったら、今まではそういう男同士みたいな間柄だったけど、母親になり、妻になったら……っていうのが。

お互い淡い期待があったんでしょうね。そのトリガーが結婚だったということがわからなかった。

出産前はもっとドライな夫婦で、朝方5時に「おう、お疲れ」って家の前で「今日も遅かったね、お疲れ」って、バッタリ会ってるような夫婦だったんで。でも、子供ができたら、「君は飲みに行かないよね」っていう。

アル:でも向こうは飲みに行くんですよね?

川崎:そうなんです。向こうは出産後も変わらず朝帰りなんです。そこが同じ経営者同士だから、私も理不尽に感じてしまったんですよね。今思うと、彼は彼で、夫と父親として、更に頑張らなきゃと思ってたかも知れないんですが。

アル:そういう男性は多いみたいですね。

川崎:それでどんどん、ああもうこれ以上言っても相手にはわからないだろうとなっていって。

アル:でも、私だったら三日で離婚してしまいそうですが(笑)、良かったですよね、離婚して。そこで決断できない人も多いじゃないですか。結局どこかで損切りしないと負債が増える一方だから。新しい出会いのチャンスもなくしますしね。

川崎:損切りは大切ですね。

アル:ほんと大切!恋愛において我慢強さはマイナスに働くことが多いから。

川崎:ただ、それにはやっぱり、私は他の女の子たちにも常々言ってますけど、仕事があったからさっさと軌道修正ができたんですよね。それがもし専業主婦になっちゃってたら、子どももいたのでもっと長引いていただろうなと。

アル:経済力がなくて、子どものために離婚できないって女性は本当に多いですもんね。

川崎:それで子どもの前でケンカしちゃったりね、暗い顔を見せる母親になってたと思うんです。それをせずに済んだのはやっぱり仕事があるっていうことと、お金を稼げるっていうのがあったから。だから安易に専業主婦にはならないでというのは、もう毎回のように発信してるんですけども。

アル:女子の中には「仕事を辞めたいから、できたらお金持ちと結婚したい」みたいなことを言う子もいるんですよ。でも、そんなつまらないことをいう女は、面白い男から絶対に選ばれないんですよ。

本当に中身がある素敵な男性って、面白い女性、尊敬できる女性を伴侶に選ぶじゃないですか。対等に付き合える女性を。

川崎:そうですね。稼げて中身もある男性と結婚して専業主婦になる、そんな超レッドオーシャンで勝ち抜く女の人たちは、それを戦略的にできるんですよね。だからオクテ女子では絶対敵わないんですよ。

アル:敵いっこないですね!

川崎:あの人たちプロですからね。

2

アル:そこを分かってない子は多いですよね。どれだけレッドオーシャンかって現実を分かってない。例えば自分が年収600万だったら「少なくとも自分以上は稼いでいて欲しい」みたいなことを平気で言うとか。

でも現実は、年収600万以上の未婚男性は首都圏で3.5%しかいない。ハイスペ男にモデルとか芸能人の卵みたいな若い美女たちが群がるわけじゃないですか。

川崎:そうしている間に、時間だけは経つじゃないですか。

アル:本当に結婚したかったり子供が欲しかったりしたら、「やっぱり少しでも早く動いておけばよかった」って言ってる子は多いですよね。

川崎:多いです。でも40歳でもね、私が主宰している魔女のサバトで入籍する人がいて。

アル:おめでたいですね!その方は旦那さまとどこで出会われたんですか?

川崎:マッチングサイトで。

アル:頑張ったんですね。新刊に『女子力より胆力』って書きましたけど、婚活ってもう根性じゃないですか。打たれても負けない。まだだ、まだ終わらんよ!って、ド根性だと思うんですよ。

川崎:彼女は元々男性に対してとってもふわふわした理想を持っていたんですよ。

アル:結婚できない女子のキーワード、「ふわふわ」。

川崎:若い男性なのにエスコートできたり、そういうレストランを知っていたりっていう、バブルな男子。

アル:いないですね。UMAです、未確認生物です。

川崎:UMAですね。それで、一旦自分の価値観を整理して。エスコートとか、素敵なレストランとか、稼ぎとか、すべて外せない絶対条件なのかと。そうして出会ったのが年下の、自分よ何も知らない男性。でも彼女のことを大好きな男性。

アル:素晴らしい!いやー心が温かくなる話ですね。私でいうとですね、ギラギラ男子をこれでもか!と見てきたんですよ。私○○社にいたんですよ、元々。

川崎:あぁ。

アル:だからもう猛獣ランドみたいな(笑)。

川崎:放し飼いのね。

アル:そうなんですよ、社員皆兄弟みたいな(笑)。そこで見尽くしたっていうのが大きいでしょうね。もう本当に、手当たり次第手を出すような、常識では考えられない……例えば私が新人で、手を出してくる既婚のマネージャーとかがいるわけですよ。

川崎:はい、はい。

アル:コンプライアンスってどこ!?みたいな。

川崎:上場していますけどね。

アル:ねえ(笑)。猛獣ランドの中に『セカチュー男』というのがいまして。そいつも既婚のマネジャーだったんですけど「お前を初めて見たとき、心臓が止まりそうになった」とか言うわけですよ。

で、オチが何かって言うと「自分の初恋の女の子に似てて、その女の子は白血病で死んじゃった」っていう。当時まだセカチュー発売前だったけど、そんなの嘘だってわかるじゃないですか。

でも、泣くんですよ。目に涙を浮かべて思い出を語るわけです。女とヤるために涙まで流すっていう……。

川崎:敵ながらあっぱれです。

アル:そうなんです。でもこっちはギラギラ系が嫌いなので、「あーそうですかご愁傷様です」って言って、「じゃあ帰ります」って言ったらガバって抱き締められて。「助けてください~!」って自分がセカチューになりました(笑)。

それで「やめてください!」って断固拒否したら「お前何型だ?」と聞かれて。「O型です」って言ったら、「やっぱりな、俺はO型の女とは合わない」と言われて。こいつ本物のバカだと思った(笑)。

川崎:もう意味がわからないわ。

アル:そういう仕事はできても人間的にはクソだったり、バカな人でも出世するじゃないですか。客騙してでも契約取ってくるみたいなことができると。そういうのを周りでさんざん見たからでしょうね。もうロクなもんじゃねえなと。

川崎:なるほどね。それを若いうちにすごくいっぱい見たっていうのが。

アル:猛獣ランドでハイスペ肉食男のクソっぷりを見聞きしたのが大きかったですね。

川崎:悟られたわけですね。

アル:そうですね。そうそう、先日ライターのぱぷりこさんとかと喋っていたんですが、そういう男性が周りにたくさんいると憧れないわけです。

川崎:なるほどね。ぱぷりこちゃんもそうだもんね。

アル:そういう男が周りにいない、女の子ばっかりの職場とか、そんなにガツガツしてない会社で働いていたりすると、やっぱり憧れるんでしょうかね。

川崎:私は25歳から起業しているので、周囲に経営者男性が多いんですよ。彼らはとてもモテるし、今時ありえないぐらい肉食系なんですよ。

アル:分かります。お前にチン○が付いてるんじゃなく、チン○にお前が付いてるのか?みたいな。

川崎:(笑)。でもね、モテるんですよやっぱり彼らは。経営者ってだけでモテるし。夢を持ってるし、実績もある。何より、女性扱いが上手いんですよね。

アル:モテるでしょうね。精神的マッチョが多いじゃないですか、ああいうギラギラ系男子っていうのは。でも本当に、わかりやすい男らしさみたいな、リードしてくれるとかじゃなくて、柳の枝のような男子がいいと思うんですよ。柳系の男子で、しなやかで折れないみたいな。

精神的マッチョの人って、プライドも高いし、勝ち負けにこだわるし、弱みを見せられないから、うつ病とかになるじゃないですか。一度の挫折でポキンと折れてしまったり。結婚生活は何十年も続く長距離走だから、いろんなトラブルがあるわけで、そういうのを一緒に乗り越えていける人が良いですよね。

いろんな変化を恐れないで、一緒にやっていける人。しなやかさみたいなもの、打たれ強さみたいなものに注目したほうがいいと思いますよ。分かりやすい表面的な強さではなく。

川崎:私たちはそうやって精神的マッチョを見てきたから、彼らの末路も何人か見るじゃないですか。突然失踪とか、自殺とか、精神を病んでる人もすごく多い。

でもその柳系の男性って、男性同士から見るとなんか弱々しいなって思われていたり、あいつはなんか情けないなぁって言われてたり。でもそんな人の方が本当は強いんですよね。

アル:そうなんです。ストレス耐性も強いんですよね、そういう人のほうが。

川崎:何処吹く風っていう感じで。

アル:乙女男子って本にも書いていらっしゃいますけど、結構増えてきていますよね。

川崎:いい傾向です(笑)。

アル:そこに目を向けて欲しいですよね。そのためには、やっぱり自分がリードするっていうのは必要ですよね。

川崎:例えばリーマンショックの時にうちはすごい大変だったんです。一家の大黒柱は私なのに、その収入がほとんどない。毎晩毎晩遅くまであの手この手と打っては当たらず、明日どうしようみたいな感じだったんですね。

そんな私を見かねて旦那が「え~、そんなに辛いなら会社辞めちゃえば~?」って言われて。いやお前じゃあ辞めてどうするんだよ!っていう(笑)。

家族はどうやって食べてくんだよ……っていう言葉が喉元まで出かかりながら、あまりにもそのゆるふわっぷりに、まぁそういう考え方もあるなとは思って。確かに。

アル:癒されますよね。猫を抱いているような癒しがありますよね(笑)。

川崎:でも逆にこういう人のほうが生き残るんだろうなぁと思って。

アル:そうだと思います。柳のようにしなやかで、猫のように癒される男子がオススメですね!

(第3回に続く)

オクテ女子のための恋愛基礎講座 (幻冬舎文庫)
アルテイシア
幻冬舎 (2016-02-09)
売り上げランキング: 1,006
結婚したい女子のための ハンティング・レッスン
川崎 貴子
総合法令出版
売り上げランキング: 1,301
川崎貴子

川崎貴子

ninoya取締役

1997年に人材コンサルティング会社(株)ジョヤンテを設立。経営者歴18年。女性の裏と表を知り尽くし、フォローしてきた女性は1万人以上。「女のプロ」の異名を取る。プライベートではベンチャー経営者と結婚するも離婚。8歳年下のダンサーと2008年に再婚。9歳と2歳の娘を持つワーキングマザーでもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者のお知らせ

魔女のサバト8期生募集

秘密の婚活結社「魔女のサバト」8期生の公募がスタートしました。11/14(月)までの期間限定での募集です。恋にお悩みのお嬢さまはぜひこの結社にお越しください。

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

What's ninoya

icon_ninoya-copy-6Web集客でお悩みならninoya

banner_160104_2

faviconホームページ制作ならNew Standard

ninoyaのセミナー&イベント

ninoya BOOKS

モテと非モテの境界線 AV監督と女社長の恋愛相談

「現代ビジネス」で大人気の人生相談連載が待望の書籍化!現代の若者たちの恋愛・結婚についての悩みに答えます。
著者:二村ヒトシ・川崎 貴子

関連書籍

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
12/07(水) は 1342人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。