• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

12/05(月)は
1464
閲覧
New Standard
駆け出し人事の相談所

新入社員のフォローアップに必要なこととは?

Writter: 吉村ひろみ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pablo (24)

駆け出し人事の相談所

全国の人事の皆さま、あるいは人事を目指す皆さまへ。「駆け出し人事の相談所」はとあるベンチャー企業で人事のリーダーを務める私が、営業職から人事へと移って学んだイロハをお伝えするブログです。

人事担当といえど、入社した新入社員の配属が決まった後は「部署に馴染めているか?」、「入社後のギャップを感じていないか?」など気になることあっとしても、なかなか手助けできずにもどかしいと思うことがあります。

そこで日ごろ意識している、人事だからこそできるフォローアップのコツをお伝えしていきます。

それぞれのメンバーの思いを代弁する

配属後は新入社員はもちろん、受け入れたチーム側にも少なからずストレスがかかっています。特にベンチャー企業では、上司も新入社員も年齢があまり変わらないこともあります。

そのような中で一番多いのは、配属先の上司からは「報連相がなかなか上がってこないので、コミュニケーションがスムーズにとれない」といった声をよく耳にします。

一方、新入社員も組織によるコミュニケーションの取り方の違いや会社独自のルールで手が止まってしまうこともあり、傍からみていると機会損失だなと感じます。

そんなときこそ、お互いの意見を聞いて双方にうまく伝えることが人事という立場を最大限に活用できるのではないかと思います。

大切なことは『見ている感』

例えば、チーム内コミュニケーションが円滑でないと感じた時には、チームの上司に下記のように伝えます。

「入社した〇〇さんは、社会人経験も2~3年ぐらいなので、自社の相談タイミングが分からないって言っていましたよ。最初は上司の△△さんから声をかけてあげると、チームに馴染むという意味でも良いと思います!」

また、新入社員には少し自信をなくしている可能性もあるので、励ましも込めて声をかけます。

「上司の△△さんは面接のときからあなたのことを優秀で期待していると言っていますよ。最近元気がないように見えるけど、何か困っていますか?」

ささいなことですが、誰かが見ていてくれると思うと、頑張れる人は多いです。

せっかく採用したメンバーが知らないうちに退職なんてならないよう、人事として「見ている感」を存分に発揮していきましょう。

人事は社内のコミュニケーションエンジン

よく言われているのは、経営と現場を結ぶ役目だと言われます。

経営陣との橋渡し役はもちろん、同じくらいに現場同士のコミュニケーションを活性化する役割も兼ねています。

チーム内・部署別・事業所別など、通常は組織ごとに分かれてしまうことが多々ありますが、人事担当は広範囲にわたって関わりをもてる数少ない立ち位置です。

ぜひとも、新入社員メンバーのサポートとして、ひとりひとりへの目配りを取り入れて、コミュニケーションエンジンとして役割を全うしていただきたいと思います。

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

吉村ひろみ

吉村ひろみ

大学卒業後、大手保険会社に営業職として勤務。大手ならではの決まりきった仕事より、もっと自由に働きたいと思い、現在のITベンチャーへ転職。営業職として1年ほど勤務後、人事にキャリア転換。人事を含んだ幅広いバックオフィスを担当していますが、やっぱり人事が一番好きな仕事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

What's ninoya

icon_ninoya-copy-6Web集客でお悩みならninoya

banner_160104_2

faviconホームページ制作ならNew Standard

ninoyaのセミナー&イベント

ninoya BOOKS

ALLIANCE

人は企業とではなく仕事と契約し、かつ企業とも信頼で結びつく。ほぼ日CFOの篠田さんが監訳された、変化に対応する組織の新たな雇用を提唱する書籍です。

関連書籍

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
12/05(月) は 1464人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。