• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

12/04(日)は
1143
閲覧
New Standard
やさしいweb集客の話

サーバ無料!初心者でも簡単なWordPress.comでのブログ開設

Writter: 古越 幸太
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッチ(修正)

やさしいweb集客の話

web集客のコンサルティングを行うninoya代表の古越が、日ごろお客さまからいただく質問の答えをやんわり噛みくだいて、いつかどこかのweb集客に悩む方へと送るブログです。

先週は「比較検証!アメブロ・はてなブログ・WordPressの強みと弱み」をご紹介させていただましたが、これでWordpressの「強み」の部分に興味をお持ちになった方も多いのではないでしょうか?

WordPressの場合は、やはりレンタルサーバーやドメインなどを用意する必要もあり、少々敷居が高いように感じられるかもしれませんが、実はさほど敷居は高くないんです。

今回は先週に引き続いて実際に、より具体的にWordpressの「強み」をご紹介させていただきます。

実は無料で作れる!?Wordpressサイト

キャッチ(修正)

前回ご紹介したWordpressサイト、レンタルサーバーを用意し、Wordpressのインストールをし・・・といった少々敷居が高い部分があるのですが、実はWordpressサイトは無料でも作れます。

それが「wordpress.com」です。

wodpress.comとは

141215-miyamoto-01

あまりご存知の方は多くないかもしれませんが、実はWordpressには2種類あります。

wordpress.orgと、wordpress.comです。

前者のwordpress.orgはより良いインターネットの発展を目指しみんなでいろいろな開発をしながら誰もが簡単に記事更新管理システム(CMS)を得られるようにオープンソースと言われる形で無償で提供されているものです。

こちらはレンタルサーバーや、インストール作業などが必要になってくるので、若干敷居が高いですね。

後者のwordpress.comは、アメブロやはてなブログのように、簡単にWordpressサイトを開設でき、かつ無償で提供しているものです。

アカウントを作り、簡単な設定を行うだけで、「http:// ●●●.wordpress.com/」

といったサイトが作れます。

wordpressとwordpress.comの機能比較

では実際にこの両者、どのような機能の違いがあるのでしょうか?

まずWordpress.orgより提供されているWordpressは前述の通りレンタルサーバーが必要になり、インストール作業も必要になります。その他、細かなシステム的な設定なども自分でこなさなければなりません。

SEOの肝であるSNSとの連携なども、自身でプラグインなどを導入する必要があります。

その点、Wordpress.comではサーバーを用意する必要もなく、アカウント開設後すぐにサイトの確認ができます。

さらに便利なのはすでにSNS連携を簡単に行える機能を完備している点です。

141215-miyamoto-02

ご覧の通り、Facebookはもちろん、twitter、Google+など、主要なSNSをボタンひとつで簡単に連携できるようになっています。

手の込んだカスタマイズはできません

逆にWordpress.comで作られたサイトはプラグインなどの導入ができません。

SEOに特化したプラグインや、さらにサイトのさまざまな機能を追加したい!といった場合はやはり自前でレンタルサーバーを用意し、Wordpressをインストールする必要がでてきます。

ただ、デザイン的な変更、テーマ変更はもちろん簡単に行えます。HTMLやCSSに詳しい方であれば、ご自身でカスタマイズすることが可能です。この点は、アメブロやはてなブログよりもさらに柔軟にカスタマイズが可能です。

もちろん各投稿記事にSNSのシェア(「いいね!」ボタンやツイッターのフォローボタンなど)も事前に用意されており、各記事ごとにこれらのSNSシェアパーツを表示させたり、表示させなかったりもでき、ある程度のSEOを踏まえた運用ができるように考えられています。

wordpress.comのカスタマイズ性を乏しく感じるなら・・・

WordPress.comは無償で利用ができますが、さらに豊富にカスタマイズをしたいといったことであれば、上位プランも用意されています。

141215-miyamoto-03

プレミアムであれば年額99ドル、さらに上位の保守なども踏まえたビジネスプランであれば年額299ドルです。

独自ドメインを取得して、レンタルサーバーを借りて、毎月のランニングを踏まえて…と比べてみれば決して高くはないですよね。

やっぱり一番不安な「Wordpressで運用を始めたはいいけど、よくわからないエラーでサイトがダウンしてしまった…」といった保守的な不安も解消できるビジネスプランもあって、非常に心強いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

SEO対策にも非常に強力なWordpress、実は無料で開設ができ、さらにサイトの充実度に合わせてプランのグレードを変えてどんどんカスタマイズ、それでも物足りなかった時点でレンタルサーバーを自前で用意し自社開発する。

といったような開発プランで、初期の導入コストを抑えて展開を考えたロードマップも実現できます。

なかなか敷居が高くてWordpressに移行できない…と二の足を踏んでいる方、まずはWordpress.comでアカウントを作って中身をいろいろ見てみてください。

ものすごく簡単にWordpressサイトが作れてしまうことにきっと驚きますよ。

古越 幸太

古越 幸太

ninoya代表取締役

「もともと何されてたんですか?」→「公務員保育士です」で、初対面の方でも5分は話せるのですが、次に続く鉄板の雑談ネタがないのがここ10年来の悩みです。

  • blog_profile_blog
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

What's ninoya

icon_ninoya-copy-6Web集客でお悩みならninoya

banner_160104_2

faviconホームページ制作ならNew Standard

ninoyaのセミナー&イベント

ninoya BOOKS

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

「Web集客について学びたい」と尋ねられたとき、そのヒントとしてお勧めしている書籍です。

関連書籍

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
12/04(日) は 1143人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。