• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

12/05(月)は
1464
閲覧
New Standard
やさしいweb集客の話

ninoyaブログでは寄稿者を募集しています

Writter: 古越 幸太
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pablo (10)

やさしいweb集客の話

web集客のコンサルティングを行うninoya代表の古越が、日ごろお客さまからいただく質問の答えをやんわり噛みくだいて、いつかどこかのweb集客に悩む方へと送るブログです。

はじめまして、ninoyaの古越です。

ninoyaブログでは随時寄稿いただける方を募集しています。

というと、いかにもオウンドメディアのライター募集に見えますね。もちろんライターさんも大歓迎ですが具体的には次のような方を中心に募集しています。

icon-check-square-o 将来独立、起業したいひと

icon-check-square-o いま現在独立、起業しているひと

icon-check-square-o 副業をしたいひと、しているひと

端的に言えば自分らしい何かを成したいひとです。その理由を以下にご紹介します。

 ninoyaブログとは

ninoyaブログとはWeb集客のコンサルティングを行う株式会社ninoyaの自社ブログです。

弊社は以下のミッションを掲げて創業しました。

世の中に”らしさ”で選ばれるひとと企業を増やす

ブログではそのミッションを体現すべく、自分たちらしさを全面に出した記事をそれぞれが執筆しています。

とは言え、当てずっぽうに書いていてはもちろん集客できません。そこで本ブログの企画・編集は私が一貫して行っています。

集客実績

ninoyaには営業担当がいません。また、Web集客に関する広告も一切出していません。

集客における大半を当ブログが担っており以下の成果を挙げています。

当ブログは月間約20〜30万PVなので、いかに行動に移される読者の方が多いかお分かりいただけますでしょうか。広告を出していないため、検索エンジンかSNSを通じて何かを学びたい読者しか訪れないのがその一因です。

また、以下のようなメディアにも掲載されました。

  • 東京MX(14年7月16日・バラいろダンディ)
  • 日経新聞(15年10月17日・朝刊33面)
  • 週刊ホテルレストラン(16年1月26日・集客できるコンサルタント)

集客の仕組み

ninoyaブログの集客の仕組みはシンプルです。

マーケティング用語ではインサイトと呼ばれますが、書き手が提供できる知識からそれを得たいと思う読者像を定めて記事を書く。それだけです。

記事の下には書き手が提供するサービスが掲載されています。あとは読者より個別にお問合せをいただく流れです。

例1.金澤悦子さん

弊社の役員でもある「はぴきゃりアカデミー」代表の金澤さん。

ninoyaブログで「ハッピーキャリアのつくりかた」を連載するとともに、はぴきゃりアカデミーで提供する統計心理学ツールi-colorの体験会を紹介しています。

ダウンロード (6)
 icon-link クリックすると案内ページに飛びます。

例2.かみむらゆいさん

企業のPRプランニング、PRライティングをサポートするPRライターのかみむらゆいさん。

ninoyaブログで「PRライターという仕事」を連載するとともに、PRライター講座を紹介しています。

ダウンロード (7)
 icon-link クリックすると案内ページに飛びます。

ninoyaブログで書くメリット

ninoyaブログについてお分かりいただけましたでしょうか。

当ブログには何か特別な集客の仕掛けがあるわけではありません。ただ、書き手のつよみとそれを求める読み手の姿をまっすぐ追求しています。

ninoyaブログで連載を持つことで以下のメリットがあります。

icon-check-square-o 自身のつよみをかたちにできる

icon-check-square-o それを集客できる記事に具現化できる

icon-check-square-o 書いた記事から収益化できる

そしてもっとも大きいメリットはninoyaのコンサルティングを無料で受けられる点です。

法人であれば最低月額10万円から、個人事業主であれば原則1対1では行っていない内容です。これらをもって稼げる寄稿とも言い換えられるでしょう。

※コンサルティングの詳細はこちらよりご確認ください。

なぜそこまでやるのか。

それは、このninoyaブログが集客の源泉であるからです。

当事者から見たninoyaブログで執筆するメリットは、かみむらゆいさんがまとめてくれています。参考にしてください。

寄稿者の募集

ninoyaブログへの寄稿は以下の条件でうけたまわっています。

icon-check-square-o ご自身で売りたいものを持っていること

icon-check-square-o その商材に熱量を持っていること

icon-check-square-o 文章を書くことが苦手ではないこと

icon-check-square-o 最低6ヶ月間記事を執筆できること(原則週1回更新)

icon-check-square-o 弊社オフィスあるいはSkypeで月に1回打合せできること

自身が思い入れのある何かをもっていて、けれどそれがいまいち世の中に伝わっていない。

そんな方はぜひninoyaブログにご応募ください。私があなたとともに集客できる仕組みを構築します。

※必ずしもご応募いただいた方全員に寄稿をお願いするわけではありません。ninoyaブログとの相性や商材によって個別に判断しています。

※単発記事の寄稿も歓迎しております。お気軽にお問合せください。

よくある質問

  • ninoyaさんにどんなメリットがあるのですか?

ninoyaブログをより多くの方に知っていただけること。ブログを通じて著者が成果を上げることで、読者がその過程を疑似体験できること。収益の一部を還元いただいていることが挙げられます。

  • 売上の分配を教えてください

弊社サイトより販売した商材売上の約10%〜30%を申し受けております。例えば決済の代行で約10%、バックオフィス業務の代行で約20%〜30%などかかる工数に応じて設定しています。

  • 執筆や販売ノルマがあるのですか

原則週一回の更新をお願いしていますが、その他には一切ありません。寄稿いただく著者さまごとにご判断をいただいています。

  • Webマーケティングと関連してない商材ですが可能ですか?

可能です。個別に判断させていただいております。

応募について

以下問合せフォームのより「パートナー応募」を選択し「ninoyaブログへの寄稿応募」と書いてお申し込みください。

申し込み時は以下をお知らせください。

icon-pencil-square-o なぜninoyaブログで書きたいのか(必須)

icon-pencil-square-o ご自身の売りたいもの(必須)

icon-pencil-square-o 売りたいものへの想い(必須)

icon-pencil-square-o Web上のサンプル記事(あれば)

icon-pencil-square-o SNSアカウント情報(あれば)

※備考欄にコピペしてください。

新しい出会いを楽しみにしています。

ご不明な点があればどうぞお気軽にお問合せください。

寄稿の応募をする

古越 幸太

古越 幸太

ninoya代表取締役

「もともと何されてたんですか?」→「公務員保育士です」で、初対面の方でも5分は話せるのですが、次に続く鉄板の雑談ネタがないのがここ10年来の悩みです。

  • blog_profile_blog
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

What's ninoya

icon_ninoya-copy-6Web集客でお悩みならninoya

banner_160104_2

faviconホームページ制作ならNew Standard

ninoyaのセミナー&イベント

ninoya BOOKS

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

「Web集客について学びたい」と尋ねられたとき、そのヒントとしてお勧めしている書籍です。

関連書籍

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
12/05(月) は 1464人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。