• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

12/07(水)は
1342
閲覧
New Standard
やさしいweb集客の話

ホームページとランディングページの違いとその使い分け

Writter: 古越 幸太
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
blogtop140718_3_01_furukoshi

やさしいweb集客の話

web集客のコンサルティングを行うninoya代表の古越が、日ごろお客さまからいただく質問の答えをやんわり噛みくだいて、いつかどこかのweb集客に悩む方へと送るブログです。

Web集客に欠かせない「ホームページ」と「ランディングページ」ですが、その違いについてご存じでしょうか?

実は、両者は使用目的が明確に異なります。

効果的に集客を行うためには、それぞれの違いについて理解しておくことが大切です。両者の特徴とその使い分けについてお話します。

ホームページとランディングページの違いとは

ホームページとランディングページには共通点もありますが、それぞれに一長一短があります。まずは両者の特徴について確認していきましょう。

ホームページの特徴

th_ninoya

http://ninoya.co.jp/

ホームページ(以下、HP)とは、インターネットで見ることのできるページのことです。

コーポレートサイトやECサイト、ブログなど。これらは全部HPの一種です。

最近ではオウンドメディアと呼ばれる自社のサイトのメディア化が流行っていますが、HPで得られるメリットを考えると流行の理由がわかります。

HPを通じた集客のメリット

icon-check-square-o ページ数を増やすことで検索エンジンから多くの流入を集められる

icon-check-square-o 役に立ったり面白いページをつくることでSNSでシェアされる(被リンクを得られる)

icon-check-square-o ページ全体を通じて自分たちのブランディングを行うことができる

オウンドメディアはその名の通り自社サイトのメディア化を指します。

メディア化が成功すれば結果としてページ数が増え、SNSで注目を集め、ブランディングまで一気通貫で行えます。

HPで得られるメリットを最大化する施策のひとつがオウンドメディアなんですね。

 参考記事

なぜ、オウンドメディアがこれだけ流行しているのか。

それは過去にはこうした取り組みをしなくても作為的にページを増やしたりリンクを集めることで、検索エンジンの上位表示が可能だったからです。

そうした技法が通じなくなったことで、いたずらにページを増やすのではなくコンテンツと呼べるクオリティのページを増やさないといけないのがその所以です。

こうしたHPの特徴を一言で言うなら百貨店と呼べるでしょう。一方でHPを通じた集客にはデメリットもあります。

HPを通じた集客のデメリット

icon-check-square-o 集客を成立させるためには一定の期間を要する

icon-check-square-o 顧客の役に立たないページをいくらつくっても被リンクは得られない

icon-check-square-o 会社やサービスの方針と各ページの内容を合わせないと方向性がブレる

これらのデメリットは、HPならではのメリットの裏返しと言えますね。

ランディングページの特徴

th_酵素サプリメントでからだすっきり大掃除|なかきれい酵素

http://www.nakakirei.jp/

ランディングページ(以下、LP)とは、1ページで完結しているページのことを指します。

一般的には商品ビジュアル・キャッチコピー・購入バナーの3点から始まり、スクロールすると商品詳細やお客さまの声などを確認できます。さらにスクロールすると、購入用のフォームや会員登録フォームが設置されています。

LPを通じた集客のメリット

icon-check-square-o ページ数を一枚にすることで顧客に伝えたいストーリーを意図通り伝えられる

icon-check-square-o LPに顧客を着地させることで成約率の管理がしやすい

icon-check-square-o LPを一枚つくればすぐに商売を始められるためスピード感がある

LPは商材の違いはあれど、多くのサイトが似たような構成でつくられています。

これらは皆が何かのテンプレートを見ながらつくっているということではありません。

ただ、顧客を一定のストーリーに乗せてものを売ろうとすると、多かれ少なかれ似た構成になるためです。

LPの語源はランディング、直訳すると着陸です。

その名の通り顧客をLPに着陸させることではじめて機能する集客の仕組みです。

逆に言えば「自社のHPやブログからLPに顧客を誘導できる」あるいは「広告を出稿して直接顧客をLPに送客できる」といった、仕組みが背後にあることで成立する集客手法でもあります。

HPの特徴が百貨店であれば、LPは専門商店と言えます。そんなLPのデメリットは以下のとおりです。

LPを通じた集客のデメリット

icon-check-square-o ページが一枚だけなので検索エンジンから流入を多くは期待できない

icon-check-square-o 販売に特化したページなので、商材が余程ユニークでなければSNSではシェアされない

icon-check-square-o LPに顧客を誘導できる仕組みがないと機能しない

うまく使えれば強力ですが、バックヤードの仕掛けがいる。それがLPです。

HPとLPをどう使い分けるか

それぞれの特徴について見てきましたが、改めてその違いを表にまとめてみましょう。

HP LP
ページ数 複数 1ページ
即効性
特徴 百貨店 専門商店

だんだんと違いがわかってきましたね。

最後に両者の使い分け方についてみていきましょう。

HPが得意なシーン

HPは複数の商材に対して、中〜長期的な集客に効果を発揮します

オウンドメディアまで取り組むかは別として、サイト内のコンテンツを磨き上げることで検索エンジンに最適化(SEO)し、自社ならではのユニークさを活かしてSNSからのリンクを集めることでより集客力を向上させることができます。

LPが得意なシーン

LPは単一の商材に対して、短期的な集客に効果を発揮します。

LPはキャンペーンや販売する製品ごとに別々につくられるため、必然的に効果は単一の商材となります。検索流入も期待できません。一方で広告を打てば、SEOに関係なく多くの売上を上げるポテンシャルがあります。

※単品通販と呼ばれる定期購入商材をLPで売る商法は一部で「自動販売機」とも揶揄されますが、それだけ成功すれば強力な施策とも言えます。広告費が販売数の損益分岐を超えさえすれば、あとはそのマーケットのシェア分だけ売上を上げられるからです。

両者の使い分け

予算や割ける工数にもよりますが、自社サイトをメディア化することで長期的に顧客を集められる土壌にする。

そこで集めた見込み客と広告を使って集めた見込み客をそれぞれLPに誘導して売上に変える。

これがもっとも理想的なそれぞれの使い分けと言えるでしょう。

 参考記事

あとがき

HPとLPの使い分けについてお話してきましたが、それぞれの特徴についてお分かりいただけましたでしょうか。

自社のマーケティングの方針に照らし合わせて、両者を使い分けていくことが重要です。Web集客において魔法の杖のようなツールは存在しません。

メリット・デメリットを理解した上でどうそれらを組み合わせて展開するか。そこに各社の戦略が問われます。

古越 幸太

古越 幸太

ninoya代表取締役

「もともと何されてたんですか?」→「公務員保育士です」で、初対面の方でも5分は話せるのですが、次に続く鉄板の雑談ネタがないのがここ10年来の悩みです。

  • blog_profile_blog
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

What's ninoya

icon_ninoya-copy-6Web集客でお悩みならninoya

banner_160104_2

faviconホームページ制作ならNew Standard

ninoyaのセミナー&イベント

ninoya BOOKS

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

「Web集客について学びたい」と尋ねられたとき、そのヒントとしてお勧めしている書籍です。

関連書籍

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
12/07(水) は 1342人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。