朝のご挨拶

作為のない文章を書きたい

Webに文章を残す場合、そこには目的があります。企業であればその多くは集客でしょう。検索エンジンからの流入を考えて長文を書くもよし。SNSからの流入を狙ってキャッチーな文章を書くもよし。ただ、目的のために文章をコントロールする必要があります。

 

時折、僕たちは心を打たれる文章に出会います。どこの誰が書いたとも分からない短い文章に。

「もはやインターネットの文章は何が書いてあるかではなく、誰が書いたかが重要になった」

そんな言葉を目にすることがあります。一つの真実かもしれません。

 

このブログはもちろん、お客さまのサイトにおいても物語を考えます。集客に必要な文章を。その行為が、先に挙げた言葉につながっていることは否めません。

けれど、ときどき何の意図もない、ただ好き勝手に書かれた文章を読みたい。書きたい。そんなふうに思うときがあります。

 

ninoyaへようこそ。今日もあなたの過ごす一日が素敵な日でありますよう。

古越 幸太

古越 幸太

「もともと何されてたんですか?」→「公務員保育士です」で、初対面の方でも5分は話せるのですが、次に続く鉄板の雑談ネタがないのがここ10年来の悩みです。

記事一覧はこちら

  • BLOG

古越 幸太 からのお知らせ

Web集客にお悩みですか?

私たちがなぜ集客できるのか。集客のご相談をいただく際に、必ずお伝えしているある話があります。

この記事はいかがでしたか?

いいね!と思ったらボタンを何度でもタップ!いいね数はライターに届きます。

3LIKES

LIKE

ライターへ感想を送るライターへ感想を送る

Share

ninoya inc.のお知らせ

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。

pagetop