朝のご挨拶

4期目を迎えます

恋愛なんてひとつの趣味だから、できる人がすればいい。でも、長い人生だから、ともに歩めるパートナーに出会えたら幸せだ。

そうして勇気を出した人が、なんの気もない人に出会って傷つくのはやるせない。僕たちが代わりに会えば、そういう事故みたいなものちょっとは防げるだろうか。

自分と向き合うことでコンプレックスが見えてくる。それらを埋めることはできないけど、話を聞いて、いっしょに考えることはできるかもしれない。

 

仕事なんて生活の糧だから、土日のために働けばいい。でも、長い人生だから、心から好きな仕事で生活をおくれたら幸せだ。

目指して貯めたお金の大半を、売上の上がらないホームページや、広告や、SEOで失った人が僕たちのもとを訪れる。

好きなことで生計を立てる。それを果たせる人は、まずは自分の手を動かす。明日にも数字をつくれるホームページってどんなものだろう。分かったあとでも遅くない。

 

「同じ将来を描けるパートナーに出会えた」

「はじめてインターネットで注文を受けた」

そんなメールが折々に届く。あるいはお酒や、お菓子、手紙、四季の花々。

 

なんてことはない。

僕がそういうふうに生きたかっただけ。

 

売上は大事。でも、上を見たらキリがないから一歩ずつ。同じ時期に立ち上がった会社のいくつかを目にしなくなった。傍目に違いは分からないけど、僕たちの会社が向こう一年でつぶれることはない。それだけで充分だ。

 

クライアントへは感謝の念が尽きない。これまで通り、ただ結果をもってお返ししたい。

川崎さん、金沢さん、二村さん、スージーさん。みな僕より年上で、素敵な大人なんてフレーズに収まらない。メンターっていう言葉を聞くけれど、その必要性を僕は感じたことがない。必要なものはすべてここにある。

 

会社は3期目が大事だとよく聞いた。

自分なりにリスクを取って挑戦を試みた。大当たりとはいえないけれど、それなりの資金が整った。

「ninoyaさん」って呼ばれることも増えた。あまり外に出るタイプではないから分からないけど、少しはインターネットで知られるようになったのだろうか。

 

ninoyaさん。個人と同じように法人にも人格があるのなら、その姿はいかに。僕の目に映るそれが、あなたと同じであったら嬉しい。

古越 幸太

古越 幸太

「もともと何されてたんですか?」→「公務員保育士です」で、初対面の方でも5分は話せるのですが、次に続く鉄板の雑談ネタがないのがここ10年来の悩みです。

記事一覧はこちら

  • BLOG

古越 幸太 からのお知らせ

Web集客にお悩みですか?

私たちがなぜ集客できるのか。集客のご相談をいただく際に、必ずお伝えしているある話があります。

この記事はいかがでしたか?

いいね!と思ったらボタンを何度でもタップ!いいね数はライターに届きます。

10LIKES

LIKE

ライターへ感想を送るライターへ感想を送る

Share

ninoya inc.のお知らせ

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。

pagetop