• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

12/02(金)は
1423
閲覧
New Standard
ハッピーキャリアのつくりかた

なぜ、桑田の声は清原に届かなかったのか?

Writter: 金澤悦子(i-colorオリーブ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kanazawa_L

ハッピーキャリアのつくりかた

『はぴきゃりアカデミー』は、1万人以上の働く女性に取材した経験と統計心理学によるオリジナルメソッドにより、女性の「ココロもオサイフも満たされる仕事=ハッピーキャリア」を見つける学校です。設立3年、80名を超える卒業生たちが、各業界で「自分にしかできないこと」を活かして活躍しています。

女性限定キャリアの学校『はぴきゃりアカデミー』代表のカナザワです。

オリジナル素質診断ツール『統計心理学i-color』を通して世の中を見ると、自分の「強み」も見えてくる!? 「恋する仕事」発見のヒントをお届けするコラムです。

 i-color12色の特徴はこちらから

http://www.i-color.info/i-color-って何/3グループ-12色/

元プロ野球選手の清原さん。今は容疑者となってしまいましたが。西武の頃からファンでした。

巨人時代はバックネット裏で野球観戦したことも。バッターボックスに立つ清原選手のオーラにしびれたものです。

刑事事件でもありますし、この話題を取り上げるつもりはなかったのですが、ちょっと見過ごせない記事を読んでしまいまして。

かつてKKコンビとして活躍した桑田真澄さんの発言です。

桑田氏は清原容疑者と、2~3年前に既に連絡を取らなくなっていたことを明かした。

それまでは清原容疑者に「スポーツマンである以上、暴力、ドラッグからは遠い存在でいるべき」などと「小姑のように言い続けてきた」という。

しかし3年ほど前、清原容疑者から「一切関わらないでくれ」と言われ、「お互い大人だし、おまえがそう言うならそうしようと」と、“決別”したという。

「小言を言われるのは嫌気が差したんでしょうね」と当時を振り返り、「言い続ければよかった」と後悔の念も口にした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160204-00000051-dal-base

桑田さん、気づいて助けようとしていたんですね。

でも、清原さんには伝わらなかった。

伝わらなかったどころか、疎まれてしまいました。

桑田さんのi-colorはピンク。

ピンクという色から、明るい雰囲気を想像する方が多いかもしれませんが、実際のi-colorピンクさんたちは、近づきがたい雰囲気を持っている人が多いです。

なぜかというと、i-colorピンクさんにとって「信頼関係」がもっとも大事だからです。

初対面や関係の浅い人たち中にいるときは、決して素の自分を出しません。逆に、お互いに信頼しあえる関係の中では、のびのびと自分らしく力を発揮します。

信頼関係ができるまでは、相手との距離を計るi-colorピンクですが、一度「信頼できる」と心を開いた瞬間に人が変わります。急に相手にとって「耳障りの悪いこと」を言い出すのも、そのひとつ。

これには、i-colorピンクの持つ「もっとよくしたい」という素質が関係しています。

i-colorピンクが人育てが得意なのも、まさにこの素質のなせる業。

なでしこジャパンを世界一にした佐々木監督や、楽天を1位に押し上げた星野前監督がi-colorピンクだと言えば、なんとなくつかんでいただけるのではないでしょうか。

相手にとって「耳が痛い」ことを言うのは、相手を思うからこそ。愛です。

しかしながら、桑田さん本人がコメントしている通り、「小姑」並のくどさは否めません。

で、ここからが問題なのです。

清原さんのi-colorはブルー。くどくどと長話されるのが大っ嫌いという素質。

以下は、友人夫婦が「私あのとき離婚を考えていたの・・・と夫に伝えてみたら」というイベントで対談をしたときの記事の一部です。

i-colorブルーの旦那さまのコメントに注目です。

私の両親はそこまで仲悪いってわけではないですが、私は母親のことがものすごく嫌いだったんです。

私の母親は関西のおばちゃんなんで、自分が小さい時に「あんた何してんの? ちゃんとしい」とか「勉強しい」とか、やいやい言われて。私は自由に放っておかれたいタイプなんで、言われるのがすごい嫌だった。それこそ思春期の時に、ちゃぶ台ほんまにひっくり返した。で、おかん泣くみたいな(笑)。

おかんから、やいやい言われるのが生理的に嫌だった。

http://logmi.jp/112959

i-colorブルーは1言えば10わかる頭のよさが強み。くどくど話をされるのは苦痛以外の何物でもありません。

そんなi-colorブルーですが、ひとつだけ聞く耳を持たせる方法があります。それは、i-colorブルーが心から尊敬している人の言葉。i-colorブルーの権威志向には、自分と同等や目下の意見は通りません。残念ながら。

もし私が桑田さんだったら、清原さんが崇拝する人・・・たとえば長嶋茂雄終身名誉監督に根回しするかな・・・。

一日も早い清原さんの更生を期待しております。

金澤悦子(i-colorオリーブ)

金澤悦子(i-colorオリーブ)

ninoya取締役

株式会社はぴきゃり代表取締役。1991年リクルートに入社。新人MVP賞を受賞。2001年、日本初の総合職女性向け転職誌「ワーキングウーマンタイプ(現ウーマンタイプ)」を創刊、編集長に就任。2005年独立、2011年より「はぴきゃりアカデミー」を運営。統計心理学i-colorを通じた独自メソッドで年間300人超の女性のキャリアを支援する。講演依頼はこちら

  • blog_profile_website
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者のお知らせ

“恋する仕事”発見セミナー

大人女子のためのたしなみ統計心理学「i-color」を使い、自分ならではの魅力・強みの発見から、ココロもサイフも満たす仕事=“恋する仕事”に昇華する方法までをご紹介&体験していただけます。

※i-colorとは、生年月日をもとにその人が生まれ持った素質を診断するはぴきゃりアカデミーオリジナルのアセスメントツールです。

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

What's ninoya

icon_ninoya-copy-6Web集客でお悩みならninoya

banner_160104_2

faviconホームページ制作ならNew Standard

ninoyaのセミナー&イベント

ninoya BOOKS

人見知りでも「人脈が広がる」ささやかな習慣

「君のためなら力を貸そう」と言ってもらえる人はどんなことを心がけているのか?
著者:金澤 悦子

関連書籍

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
12/02(金) は 1423人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。