• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

02/19(月)は
2169
閲覧
New Standard
憧れのフリーランス女性に聞く!ときめくキャリアの創り方

フリーランスになることで、きっと、もっと素敵な自分に出会える。不安があっても大丈夫。未経験から好きなことを仕事にしていくには?〜美容ライター 玉絵ゆきのさん〜

Writer: itty selection Inc.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

憧れのフリーランス女性に聞く!ときめくキャリアの創り方

憧れのフリーランス、本当に、私にもなれる?自由なキャリアを築き、多くの人から愛されるフリーランスの女性たちに、駆け出しPRライターがインタビュー!(プロデュース:itty selection Inc.)

フリーランスを目指す人は、自分のやりたいことが本当に合っているのか、安定して生活していけるのかなど、漠然と不安を持っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、芸能活動を経て、未経験からフリーランスの美容ライターとなった玉絵ゆきのさんに、PRライター佑里栄がお話をお伺いしました。

ゼロからフリーランスで仕事をするために、どのように不安を取りのぞき、仕事を進めていったのでしょうか。

やりたいことを実現するためには、妥協しないこと

───フリーランスになったきっかけはなんですか?

玉絵ゆきの(以下、玉絵):小さいころからはやりものが好きで、10個うえの姉の服を着たりと、オシャレや美容が大好きでした。

小学生のときには、10代後半〜20代向けのファッション雑誌「ViVi」を愛読していたくらいだったんです。同年代ではなく、大人のあいだでなにがはやっているかを知りたくて。

ファッション雑誌に載っているきれいなモデルさんに憧れて、「わたしもこうなりたい!」って、10代で芸能活動をはじめました。ほかに夢はなく、当時は雑誌の世界にいくことしか考えてなかったですね。

大学卒業後も芸能活動の一環でブログを書いていました。すると、美容系のウェブサイトを立ち上げた知り合いの方から「文章が好きなら美容ライターとして書いてみない?」と声をかけてもらったんです。

芸能界って、個性や売りが問われる環境ですよね。常に「わたしができることはなんだろう」って、悩んで自分を見つめ直す日々でした。だから、自分が好きで、得意なことの中で「わたしにできることがあるなら」と、お断りする理由はありませんでしたね。

ちょうどそのころ、「雑誌やウェブメディアの世界に携わっていたい」と思いはじめていたときだったので、背中を押されたようでうれしかったですね。

美容雑誌の編集経験者のもとで、美容記事のルールなどについて基礎から教わり、2年ほど書かせていただきました。いまはフリーランスとして、複数のウェブメディアの編集部と一緒に企画を提案したり、デパートコスメの新商品発表会に参加しながら、記事をつくっています。

芸能活動も美容ライターをはじめたときも、未経験だったので収入面などの不安もありましたが、やりたい気持ちを我慢する方が後悔すると思うんです。フリーランスになりたいって方たちには、チャンスを逃さずに、動けるときに動いてほしいと思います。

───フリーランスになって、苦労した点はありますか?

玉絵:自分がやりたいことと、世の中が求めていることが違ったということでしょうか。

わたしが美容ライターをはじめたころのウェブメディアは、はやりに合わせて「情報収集して伝える」ような、「キュレーションメディア」と呼ばれる「まとめサイト」が主流でした。わたしは、雑誌が好きなので、もっと詳しく伝えられる記事をつくりたいという想いがあったんです。

なので、記事をつくるときには、どういう記事が読まれているのか、自分の記事はどうか、客観的に見るようにして、依頼していただいた仕事をきちんとやりきるようにしました。

それから「やりたいことを実現し、記事が読まれるためには……?」と、考えつづけた結果、「自分自身の見せ方を向上させよう」というところに行きつきました。

仕事って人間性がよくも悪くも表れてしまうもの。そこを怖がらずに自分を出して、どういう人かを知ってもらって、支持されることが大事だなって。

だから美容ライターになってからは、SNSの使い方も変わってきました。SNSで発信していると、「仕事疲れたな……」って思うときも、ファンの方の反応や同業者の人たちの活躍をみて「休んでる場合じゃない!」って奮起できるんです。SNSのおかげもあって、いまでは自分の考えを世の中に出すことができるようになって、より楽しみながら仕事できています。

また一緒に仕事したい!と思ってもらうことが、フリーランスをつづける秘訣

───仕事の進め方で、とくに気をつけていることはありますか?

玉絵:いろいろありますが、とくに気をつけているのは「また一緒に仕事したい!」と思われるような自分で在ることですね。

友人や知り合いから、紹介していただくお仕事も多いので、ご紹介してくださった方々に対しても失礼のないように、現場で会うときは、口調や表情にも気をつけて、よい印象が残るよう意識をしています。

わたしはまだ美容ライター3年めなので、経験していないことばかりです。だから、関わる人によってコミュニケーションがうまくいかないこともあります。

だけど、へこたれてもなにも変わらないと思うので、傷ついても全力でやり遂げるようにしています。人間関係で悩むことが尽きないときも、心が折れずに最後まで仕事をまっとうすること以上に大事なことってないと思うんです。きちんと仕事をしていけば、次第に自信もついて、悩む必要もなくなりますよ。

フリーランスは1人なので、そうやって自分が気持ちよく仕事ができるような環境を、少しずつ整えていくのが大事だと思います。

───記事をつくるときに意識されていることはありますか?

玉絵:紹介する製品をいろんな視点からみて、「最大限の魅力」を引き出す記事をつくるようにしています。

経験を重ねるにつれ、どんな化粧品でも「魅力的な部分がかならずある」と思うようになりました。そこをどう表現すれば読者に伝わるのか、興味を持ってもらえるのかを考えるようにしています。

毎日が試行錯誤の連続ですが、タイトルや表現方法を変えたりと、工夫次第で結果が変わるので、おもしろいです。実際にやっていることは、美容ライターよりクリエイターに近いのでは、と感じています(笑)でも、凝り性のわたしには合っているな、とつくづく思います。

あとは、ブランドの世界観や込められたメッセージまで伝えたり。
美容ライターになるまでは知らなかった、化粧品ブランド1つひとつへのこだわりを、わたしはとても尊敬していて、その想いを伝えるように意識しています。

それから、いい記事をつくるには、PR担当者さんと連携をとることも大事なんです。

イベント会場などで、率先して製品の特徴など聞くよう心がけています。PR担当者さんと仲良くなるほど、製品知識も深く知れるし、「もっといい記事をつくろう!」っていうモチベーションにもつながります。

不安でも進む。すると、自分でも知らなかった素敵な自分に出会える

───美容ライターとして、今後手がけていきたいことはありますか?

玉絵:いままで以上に、デパートコスメが追求している世界観を伝えることで、人の人生に影響を与えていきたいですね。

「その化粧品を使うことで自分がどうよくなるのか」まで想像できる記事をたくさんつくって、デパートコスメへの憧れの世界観を伝えていくことが、美容ライターが目指すべきところだと思っています。

一方で、なにをいうかより、誰がいうかの方が大きいとも思っています。

たとえば、わたしが紹介するのとIKKOさんが紹介するのとでは世の中の反響が違いますよね。だからわたしも、まずは自分がどういう人かを知ってもらうために、日々感じたことを伝えていきながら、スキルを向上させていきたいです。

ゆくゆくは化粧品のジャーナリストになりたいです。ただ化粧品のことだけを語るというより、映画や時代にたとえるような、読み物としておもしろいエッセーを書いたりしたいですね!

───フリーランスを目指しているみなさんへアドバイスをお願いします。

玉絵:フリーランスになることに迷っている人は、まずは「なにが不安なのかを明確にすること」が大事だと思うんです。漠然とした不安のために行動が遅れるのは本当にもったいない。

芸能活動時代も、常に理想的な状況で働けたわけではなく、不安と隣り合わせでした。その度に、ちゃんと書き出して、できることからやっていっていました。いつまでもモヤモヤしているより、「やりたいことやらないと損!」という意気込みでチャレンジしてほしいですね。

やりたいことをやったうえで辛いことや失敗したことがあっても、人間ってやらなきゃいけない状況に追い込まれたら、案外、なんとかできるものです。もしやりたいことがあるなら、とにかく、我慢せずに動いてみてください!

不安さえも、いつかかならずプラスに変えていけます。

そうして、好きなことを仕事にできたら、いま以上に満たされる毎日と、自分でも知らなかった素敵な自分に出会えるはずですよ!

インタビューを終えて

こんにちは。今回インタビューを担当したPRライターの佑里栄です。

玉絵さんのお話をお伺いして、自分のぶれない軸を信じて行動すれば、自信を持って選択して進んでいくことができるんだ、と背中を押されました。
ゼロからの環境でも、不安が隣り合わせでも、常に向上しようとする姿勢があるからこそ、周りに影響を与えて仕事を得ていけるのではないでしょうか。

今、不安を抱えて踏み出せていないみなさんも、自分の好きなことが分かっている時点で、大きな強みになっているはずです!玉絵さんのように、自分の気持ちに蓋をせず、前へ進んでみてくださいね!

(取材・執筆:PRライター 佑里栄/編集:吉川実久)

関連情報

玉絵ゆきの 公式ブログ
玉絵ゆきの Twitter
玉絵ゆきの Instagram

itty selectionのPRライター

PRライター メンバー紹介ページへ

itty selection Inc.

itty selection Inc.

PRライター/PRプランナーとしてninoyaでも活動してきた、かみむらゆいが2016年に設立。PR・マーケティング、キャリアプロデュース(フリーランス支援・NYとつながるサービス)によって、企業や人びとの「セレクト」=「価値のある選択」をサポートする会社です。

  • blog_profile_website
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ninoyaのお知らせ

事業用WordPressサイトをプロと3時間で作るワークショップ vol.16

初心者大歓迎! プロとともに集客にもデザインにも妥協しない事業用WordPressサイトを3時間で仕上げる大人気ワークショップの第16段を開催します。

Web集客無料相談受付中

Web集客にお悩みの方へ。45分の無料相談を承っています。

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
02/19(月) は 2169人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。