• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

12/07(水)は
1342
閲覧
New Standard
CDの作り手と聴き手の間

スタジオかホールか?自分の録音に適した場所選びとは

Writter: 渋谷ゆう子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pablo (25)

CDの作り手と聴き手の間

クラシックを中心にCD製作を行う日常で経験した事柄を、アルバム製作をお考えの作り手と、クラシックを日常で嗜みたい聴き手の方へと綴ります。音楽を愛する全ての皆さまへ。

「録音スタジオやホールの選び方がわからない。」この質問をよくお受けします。録音場所の選定は、音へのこだわりと予算が絡む大きな問題です。自分のイメージにあった録音場所はどうやって選べばよいでしょうか。

まずは使用したことのある場所を考える

録音する場所を選ぶ際には、まずこれまでにコンサートなどで使用した会場を候補に挙げてみましょう。

音の広がりはどうだったか。常駐のスタッフはいたのか。

いろいろと着目点はありますが、ここは演奏しやすかった、というあなたの直感を信じましょう。

次にその施設へ、録音が可能かどうか直接問い合わせてみます。

オーケストラのコンサートを行うような広いホールであれば、まず録音は可能でしょう。

また、ホールによっては、空き日程を低価格で提供してくれる場合もありますので、日程が合えばかなりお得です。

しかし、録音エンジニアを別途手配する必要がある場所が多いことに注意が必要です。

録音機材の持ち込みなど、エンジニア費用以外の料金も考慮します。

スタジオ選びの重要なポイントとは

次にスタジオを探してみましょう。

この際に最も重要なのは、「どんな音がとれるスタジオか」ということです。

ロックやポップスなどの録音と、クラシックの録音が決定的に違うのは「別撮りをしない」ことにあります。

楽器が何種類あろうと、演奏者が何人いようと、演奏は同時、録音も同時です。

ですから、スタジオの中でそれぞれの楽器が響き合う音、残響や倍音もそのまま扱うことになります。

これはスタジオの内装に大きく左右され、仕上がりを決める重要な要素となります。

エンジニアの技術ももちろん大切ですが、まずは取れた素材が良くなければ、良いものに仕上がりません。

スタジオを選ぶことは、楽曲を決めることと同レベルで重要なのです。

録音場所を決めるために、あなたが今すぐできること

どのスタジオでどんな音がとれるか、それをどのように確かめればよいでしょうか。

まずは、あなたの所蔵するCDの中で、自分が作ろうとしている楽器の編成に近いものを見てみましょう。

ほとんどのアルバムのブックレットには、録音日とその場所、プロデューサーやエンジニアが記載されています。

その中に音の気に入ったCDがあれば、それと同じ場所が使えないか、問い合わせることが一番です。時間貸しを行っているスタジオであれば、ウェブサイトに料金設定も公開されています。

また、音の気に入ったCDを見つけることは、スタジオ選定に使うだけではありません。

こういう雰囲気の音が欲しいと、エンジニアに言葉で説明をするのは至難の技。それよりも例としてCDを渡したほうがいいですよね。これを参考に、エンジニアはマイク位置を調整したり、編集作業の参考にすることもできるのです。

さて最後に、演奏家のネットワークで録音場所の紹介をしてもらう場合はどうでしょう。

この時に、あなたが気をつけることはただ一つ。

「使って良かったと思うスタジオはどこですか?」とだけ聞くことです。

なぜかって?

それはまた別の機会に。

渋谷ゆう子

渋谷ゆう子

株式会社ノモス 代表取締役

作曲家・渋谷牧人のレーベル「Nomius Nomos」マネージングディレクター。アルバム制作や演奏会企画運営を手がける。プロアマを問わず演奏家とのつながりが深く、自主制作アルバムの支援も行っている。ワルター/ウィーンフィル/マーラー9番/1938年がお気に入り。3児の母。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者のお知らせ

オリジナルCD制作プロデュースのご案内

「ご自身の演奏をCDにして残したい」

私たちはそうお考えの作曲家や演奏家の思いを形にする音楽製作会社です。アルバムを作りたい。コンサートをしたい。楽譜を作りたい。オリジナル楽曲が欲しい。演奏家が望むことを現実化する全てのお手伝いをします。

 

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

What's ninoya

icon_ninoya-copy-6Web集客でお悩みならninoya

banner_160104_2

faviconホームページ制作ならNew Standard

ninoyaのセミナー&イベント

ninoya BOOKS

西洋音楽史

18世紀後半から20世紀前半までの、私たちが最も親しんでいる「クラシック音楽」と、その前後の音楽状況の重要ポイントを詳述。

関連書籍

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
12/07(水) は 1342人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。