• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

12/05(月)は
1464
閲覧
New Standard
PRライターという仕事

【事例】コラボでレバレッジ!上手なPRコンテンツの作り方

Writter: かみむら ゆい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kamimura

PRライターという仕事

企業の広報の現場を支援する「PRライター」という仕事をご存知でしょうか?自社の特徴、他社との違い。ともすれば自分たちも気付かなかった魅力を、言葉で伝える仕事です。そんなPRライティングについてお伝えします。

なるべくコストをかけずに、うまく自社の良さを世の中に伝えたい!というのは多くの企業の願いですよね。そして、そんな皆さまを救うのがPRです。

枠を買い付けるしかない広告とくらべ、PRならアイデア次第で、いくらでもコストを抑えて効果を発揮することができます。

今日は、Webサイトやブログを持っている企業さんであれば、すぐにチャレンジできそうな、上手なPRコンテンツをご紹介します!

リラク×グルーバー共同制作のコンテンツ

http://reraku.jp/

「Re.Ra.Ku(リラク)新橋店で働く吉田店長の1人時間をまとめてみた!」は、株式会社リラクと株式会社グルーバーによる。共同企画のPRコンテンツです。

関東を中心に店舗展開している、肩甲骨ストレッチをとりいれたボディケアを提供するRe.Ra.Ku。緑色のロゴを見れば、「あ、知ってる!」という人が多いのではないでしょうか。

今回のPRコンテンツは、Re.Ra.Kuが運営するWebメディア「Yururila」で、新橋店の店長の1人時間を紹介するというもの。ただインタビューするのではなく、施術を受けながらインタビューしている様子が公開されています。

なぜ「1人時間」なのかというと、広告代理店オプトグループの株式会社グルーバーが運営するWebメディア「Me times」との共同企画だからなのです。

「Me times」では、“いつもと違うひとり時間を”をコンセプトに、女性が1人時間をよりたのしめるような記事を公開しています。

YururilaではYururila編集長の目線で記事が書かれ、Me timesではMe timesのライターの視点で記事が書かれています。

【編集長が行く!MeTimesコラボver】Re.Ra.Ku(リラク)新橋店で働く吉田店長の1人時間をまとめてみた!

Re.Ra.Ku(リラク)新橋店 吉田真実さんのひとり時間

PR上手な5つのポイント

この企画のPR上手なポイントを5つご紹介してみます。

1. スタッフの顔が見えること
2. 施術中の様子が分かること
3. 1ソースで2コンテンツつくられていること
4. ターゲット層は合致しているが競合していないこと
5. オチをつけていること

1. スタッフの顔が見える

プロフィール(1)_吉田店長-300x400

実際にどんなスタッフが、どんな想いを持って仕事に取り組んでいるのかを見せるというのはPRの手法として王道中の王道。

人の顔が見えると、一気に安心しますよね。まだ利用したことのない人も、スタッフの顔や雰囲気がわかれば足を運びやすくなります。とくに近年のソーシャルメディアの普及で、お客さんと各企業の距離は縮まる一方。いかに親近感を持ってもらうかを考えるのは、PRにおいて大事なポイントです。

しかもこの記事の場合、新橋店の吉田店長が、とってもかわいい!思わず来店したくなりますね。

2. 施術中の様子が分かる

施術風景(5)-400x300

スタッフの顔が見えるだけでなく、日ごろの取り組みや仕事場の風景を公開するのも、よいPR手法です。

記事内で店内の写真や、施術中の写真を使用していることで、「じぶんがRe.Ra.Kuに行ったらこんな風に施術してもらえるんだな〜」と、読者にイメージしてもらうことができます。

はじめてのお店に足を運ぶのは緊張するものですが、想像できればハードルが低くなりますよね。

3. 1ソースで2コンテンツ

PR戦略は、ユーザーとの信頼関係を長期的に育むもの。信頼関係はすぐにつくれるものではありません。だからこそ、コスト削減できるアイデア力も大事なポイントと言えます。

1ソースで2コンテンツ以上つくることができれば、取材にかかる時間もお金も削減することができますよね。

記事を2つ作成したうえに、ソーシャルメディアでの拡散やニュースリリースのネタにするなど、他の施策やツールとも組み合わせれば1つのソースで効果は何倍にもなります。

2つのメディアの視点で記事にすれば、外部リンクも増えるし、お互いの認知を拡大することができます。Win-winというやつですね!

4. ターゲット層は合致しているが競合していない

ターゲットが同じで、競合しない相手とのコラボレーションはとっても賢いマーケティング手法。お互いのマーケットをおかすことなく、どちらのお客さんにとってもプラスになる情報を提供できるので、みんながハッピーです。

すべてのステークホルダーとの関係性をよくしていこう、というPR発想では「みんながハッピー」というのは、欠かせない視点です。

5. オチをつけている

プロフィール(2)吉田店長-300x400

Yururilaで公開されている記事は、インタビュアーが吉田店長をデートに誘ってみたけれど断られた!というオチつき。あえて真面目なインタビュー記事にしてしまわずにクスッと笑えるオチがついているので、読者を和ませます。

このようなちょっと笑えちゃう記事というのはソーシャルメディアとの相性がよく、反応されやすい傾向にあります。実際にfacebookでのいいね!数が250を超えていますね。Yururila内の他の記事とくらべてみると、ソーシャルメディアでの反応のよさは明らかです。

ソーシャルメディアはPRツールとしてとっても重要な役割を担っています。相性のよいコンテンツづくりを意識してみてくださいね。

メディア力がないならコラボしよう

今回の2社はWebメディアとしてコアなファンがすでに大勢いますが、まだメディアとしてのパワーがないうちにコラボコンテンツを取り入れるのは、とってもおすすめ。

コンテンツマーケティングをはじめたけれど、ソーシャルメディアのアカウントを立ち上げたけれど、まだまだPV数もファン数も少ない……という場合は、1社のパワーでがんばらずに、コラボ相手を探しましょう。

広告を打つにはコストがかかってしまいますが、他メディアとのWin-winになるコラボなら、コストを抑えて初速にはずみをつけることができますよ。

ぜひ参考にしてみてください。

かみむら ゆい

かみむら ゆい

PRライター

PRライター、PRプランナーとして企業や個人のコミュニケーションデザインを担う。2009年ニューヨークにてPRプランナーやライターとして活動。帰国後、IT系PRカンパニーにて勤務。2014年にフリーランスとなる。

  • blog_profile_website
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

What's ninoya

icon_ninoya-copy-6Web集客でお悩みならninoya

banner_160104_2

faviconホームページ制作ならNew Standard

ninoyaのセミナー&イベント

ninoya BOOKS

Webライター入門

仕事はどうやって見つけるの?どれくらいの収入になるの?そんな疑問にお応えします!WebライターによるWebライターのための手引書。
著者:かみむらゆい他

関連書籍

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
12/05(月) は 1464人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。