• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

12/02(金)は
1423
閲覧
New Standard
一人Web担教習所

顧客獲得の切り札!リマーケティング広告の活用術

Writter: ninoyaブログ編集部
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一人Web担教習所

一人Web担教習所

突如一人でWeb担当を勤めることになった。けれど制作予算も広告予算もない。そんなご担当者へ愛をこめて。ninoyaブログ編集部が、日々の業務で培った集客の知見をお届けします。

Web広告の中でも近年ますます注目を集めているのが、リマーケティング広告(リターゲティング広告)です。本記事ではリマーケティング広告の基礎知識から、リマーケティング広告の活用術まで解説しています。

Web広告の種類と料金相場については、下の記事で詳しくまとめています。併せて参考にしてくださいね。

リマーケティング広告とは?

リマーケティング広告とは、一度HPを訪問したユーザーに対して、再度の訪問やコンバージョンを促すための広告手法のことです。一度サイトを訪れてくれたユーザーにアプローチできることから、高い効果が期待できます。

Yahoo!リターゲティング広告の例

いまYahoo!ニュースを開いてみましたが、僕の場合右上にこのようなリマーケティング広告が表示されています。

その他にもYahoo!のページ内や、検索結果の画面にも表示されます。

Yahoo!リターゲティング広告の例

画像引用:ヤフーのディスプレイ広告(バナー広告)「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」 – Yahoo!マーケティングソリューション

リマーケティング広告の仕組みについて、簡単に解説しておきましょう。リマーケティング広告では、HPを訪問してくれたユーザーのリスト(ユーザーリスト)を作ります。このリストをもとにして広告を配信していくので、ユーザーリストをうまく使うことがリマーケティング広告のキーになってきます。

ちなみに、リマーケティング広告はGoogleアドワーズの機能として提供されているサービス名のことです。Yahoo!プロモーション広告の場合は、サイトリターゲティングと名前が変わるのですが、本記事では統一してリマーケティング広告と呼んで進めていきます。

リマーケティング広告が重要な理由

リマーケティング広告は高い効果が期待できると述べましたが、それはなぜなのでしょうか?その理由について、もう少し深く迫っていきましょう。

リスティング広告は、検索結果からHPを訪問してもらうための手法でした。ですが、HPを訪問してもらうことはできても、必ずしも製品を購入してもらえるとは限りません。興味は持ってもらっていても、実際に購入してくれるユーザーは案外少ないものです。

リマーケティング広告が広告を配信するのは、そういったユーザーになります。興味は持ってくれているけれども、購入には踏み切れてはいない。そこにアプローチすることで、高い効果を上げていくことができるようになるのです。

新規購入を例にあげて、リマーケティング広告の重要性について解説しました。後述するように、新規だけではなく、ユーザーリストや期間を適切に設定することでリピーターへの訴求も効果的に行っていくことができます。

リマーケティング広告の活用術

さて、ここからが本題。リマーケティング広告で効果を上げるには、そのためのポイントをおさえる必要があります。リマーケティング広告の活用術をご紹介していきましょう。

ユーザーリストは細かく設定すること

リマーケティング広告では、作成したユーザーリスト(Yahoo!プロモーション広告ではターゲットリストと呼びます)に対して広告を配信すると述べました。このユーザーリストを細かく設定しておくことで、リマーケティング広告を効果的に進めていくことができます。

ユーザーが訪問したページや、訪問してからの期間。購入の直前で離脱してしまったユーザーなど。細かくユーザーリストを分けて、それぞれ別々の広告グループを設定していくのです。

ユーザーリストは組み合わせることも可能

リマーケティング広告を配信するユーザーリストは、組み合わせることができます。条件を足し合わせることもできますし、逆に片方の条件からもう片方の条件を除くこともできます。

よくやるのが、訪問者のユーザーリストから、コンバージョンしてくれたユーザーリストを除く方法です。この方法だと、コンバージョンに至らずに離脱してしまったユーザーを絞り込むことができます。

また、コンバージョンしてくれたユーザーに対して、期間を絞って広告を配信することも可能です。例えば、30日間ほどで買い換えが必要な日用雑貨を扱っているとしましょう。30日間のユーザーリストから25日間のユーザーリストを引くことで、ちょうど消耗品が切れる25日後から30日後に、ピッタリと広告を配信することができるようになるのです。

検索連動型広告とも連携できる(RLSA)

リマーケティング広告は、検索連動型の広告と連携させることもできます。RLSA(Remarketing Lists for Search Ads)という機能のことで、リマーケティング広告で利用しているユーザーリストを検索連動型広告でも流用するのです。

検索キーワードに加えて、サイトの訪問履歴があるかどうかも広告の出し分けに使うことができるようになり、よりピンポイントな広告配信が可能になるのです。

あとがき

リマーケティング広告の基本から、その活用術まで解説してきました。ご紹介したポイントを参考にしていただき、効果の上がるリマーケティング広告を行っていってください。次回はアフィリエイト広告のメリットについてご紹介します。

ninoyaブログ編集部

ninoyaブログ編集部

Web集客は一日にしてならず。私たちといっしょに日々取り組んでまいりましょう。ご相談もお気軽に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

What's ninoya

icon_ninoya-copy-6Web集客でお悩みならninoya

banner_160104_2

faviconホームページ制作ならNew Standard

ninoyaのセミナー&イベント

ninoya BOOKS

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

「Web集客について学びたい」と尋ねられたとき、そのヒントとしてお勧めしている書籍です。

関連書籍

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
12/02(金) は 1423人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。