• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

12/02(金)は
1423
閲覧
New Standard
こころをつなぐ翻訳の心得

もっと自由に効率的に。大人になってからの語学の勉強法

Writter: 八戸秀一
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
KU273L0WTW

こころをつなぐ翻訳の心得

翻訳ははるか昔から国や文化・時間を越えて様々なことを伝えてきました。いま国内ではインバウンドや語学教育など、ともすればその言葉尻に注目が集まっています。しかし大切なことはどんな時にでも書き手の伝えたい想いと、読み手の理解したい想いをつなぐこと。それがぼくの考える「こころをつなぐ翻訳の心得」です。

高校や大学まで、ずっと学校に縛られてきた英語の勉強。

英語が好きだったり興味があっても、学校や受験のカリキュラムに追われて、楽しめなかったり、そんな余裕すらなかったり。

それでも大人になると、とても自由に、自分のやりたいように勉強できるようになって、そう思うだけで気持ちがふわふわしてきますよね。

とはいっても、勉強法をネットでちょっと調べても選択肢が多かったりして、どれが良いのか、自分に合っているのか分からなかったりします。

今回は、いろいろな語学の勉強法についてお伝えしましょう。

最初はやっぱりスクール!?

学校や受験のほぼ強制的な勉強の後や久しぶりの場合、勉強したいけど、どうしていいかわからないという悩みが出てきます。

そんな時は、まずは身近な駅前や近所のスクールからあたってみましょう。半分は学校で、半分は自主的なモチベーションで成立しているので、いい感じでスタートできます。

スクールの良いところは、職場や自宅の近くに見つかるところ。

便利に越したことはありません。遠いと通うのも面倒になりますしね。

それに、共通の目的を持った人たちとの勉強は、自分に勢いをつけてくれます。語学で最も重要なのは継続的なモチベーションですから、同じ方向を向いた仲間はとても大切です。

また、クラスの人たちは、年齢や性別、仕事もバラバラ。そうすると、レッスンの内容や発言もかなりバラエティに富み、自分の世界を広げることにもつながります。

あまり知られていませんが、英会話スクールではフランス語や中国語など、多言語のレッスンにも対応しているところもあります。英語よりも、フランス語やイタリア語のほうがいい!でも近くに学校が見つからない場合には、ぜひ問い合わせてみましょう。

もっと自分専門に。そんな時にはプラーベートレッスン

とにかくたくさん喋りたい。

スクールで、人とあわせるのが苦手。

忙しいから、スケジュールをあわせやすいほうがいい。

そんな気持ちがあったり毎日の生活を送っている時には、先生を独り占めできるプライベートレッスンがおすすめ。レッスンの間、ずっと話すことができるし、スケジュールもスクールより柔軟に調整しやすいですしね。

このプライベートレッスンは、カフェなどで行うことも多く、おしゃれ感もいっぱい。

もちろん、それだけではありません。先生とマンツーマンのレッスンは、とにかく濃密です。

生徒は自分一人なので発音の修正などはもちろんのこと、テーマも自分で選べるし、他の人には興味がなさそうな質問でも遠慮なくぶつけることができます。自分専用にコーディネートされたレッスン。まさに真剣勝負です。

そしてレッスンの後は、集中力に体力まで使い果たしてバテバテになることも。効率性がとても高いで、レッスンの進め方と相性のいい先生をぜひ見つけましょう。

大人になってからの留学!?

大人になっても、語学の勉強法ではこれが夢かもしれません。

大学生なら夏休みや交換留学などで実現。社会人なら、一週間の短期や休職して1年間程度の留学(法人派遣はまた別です)が現実的でしょうか。

留学は、社会人になってからだとハードルがかなり高くなりますよね。それでも、できることなら留学してもらいたいなと思います。

そして留学することができたら、ただひたすらに全力で生きてください。限られた時間、迷う前に行動です。ハメを外せとは言いませんが、考えるのは帰国してからで十分です。

また留学中は、毎日見る同じ風景を大切にしてください。

例えば、当然のようにそこにある石畳の歩道や教会。旅行なら第一印象で「素敵!」と思って終わってしまいますが、留学では数百年以上に渡って染み込んだ文化や人間の素晴らしさ、厳しさ、優しさなど複雑に共存する思いを感じ取ることができます。これは、毎日少しづつでしかできないことであり、語学のシャワーとは別に留学の価値はここにあるのですから。

大人だからこそのお勉強

学校の授業から解放されて、好きな時に好きなように学べる外国語。

英語でもいいし、フランス語でも中国語でもいい。内容も、日常会話から文化や社会などの知識や教養、それにファッションなどの専門分野などでもO.K.。

幸いなことに、私たちの社会では自分の生活やペースに合わせて勉強するための学校や先生は、選べるまでに揃っています。

そして、外国の言葉を自由に学びながら、いつか生活の一部にしてくれたら嬉しいです。

忘れがちなのですが、語学というのはコミュニケーションの道具であり、生活のそのものなのです。外国語がコミュニケーションの道具になるって、本当に素敵ですよ。

八戸秀一

八戸秀一

株式会社桜想 代表取締役

株式会社桜想 代表取締役。フランスへ留学し、仏語を習得後にパリ大学へ入学。映画制作を学ぶ。留学期間約4年6ヶ月。帰国後は映像制作会社を経て、仏語教師やアテネ・フランセなどで語学教育に従事。その後、翻訳・通訳に携わり2014年に桜想を設立。多言語翻訳サービス、多言語・インバウンドコンサルティングを提供。

  • blog_profile_website
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者のお知らせ

多言語翻訳サービスのご案内

「自分たちが持つ強みを現地の言葉でニュアンスまで正しく伝えたい」「訪れる諸外国のお客さまへ適切な接遇を提供したい」そんなご要望をお持ちのお客さまへ、想いを届ける高品質な多言語翻訳サービスをご提供しております。Webサイトやパンフレットの翻訳から、企業・店舗でのインバウンド対応まで幅広く承っています。

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

What's ninoya

icon_ninoya-copy-6Web集客でお悩みならninoya

banner_160104_2

faviconホームページ制作ならNew Standard

ninoyaのセミナー&イベント

ninoya BOOKS

翻訳できない世界のことば

外国語のなかには、他の言語に訳すときに一言では言い表せないような各国固有の言葉が存在する。本書は、この「翻訳できない言葉」を世界中から集め、著者の感性豊かな解説と瀟洒なイラストを添えた世界一ユニークな単語集です。

関連書籍

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
12/02(金) は 1423人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。