• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

12/07(水)は
1342
閲覧
New Standard
こころをつなぐ翻訳の心得

語学習得って結局は何?積極的に話しかける勇気と言うけれど

Writter: 八戸秀一
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
KU273L0WTW

こころをつなぐ翻訳の心得

翻訳ははるか昔から国や文化・時間を越えて様々なことを伝えてきました。いま国内ではインバウンドや語学教育など、ともすればその言葉尻に注目が集まっています。しかし大切なことはどんな時にでも書き手の伝えたい想いと、読み手の理解したい想いをつなぐこと。それがぼくの考える「こころをつなぐ翻訳の心得」です。

みんなが、語学について感じている疑問。

「語学の習得って、無理っぽくない?」

学校や塾、予備校なんかで英語は散々学んだけど全く身についてないし、街で外国人に声をかけられれば、無駄に緊張するだけで全く言葉が出てこない。

それでも気合いで単語をつないで答えてみても、発音はダメダメだし相手にはほとんど通じてない。

そんな自分にはがっかりするし、もうこれからは日本語オンリーで生きるなんて決心を固めてみたくなったり。ペラペラ喋るなんて全然無理そうで、ましてや自分から話しかけるなんてありえない。

最後には、語学を習得するってなに?という疑問まで抱きます。

今回は勉強法から離れて「外国語を話す」というテーマでお伝えしましょう。

語学習得のスタートを思い出す

語学の勉強が本格的に始まるのは中学生になってから。

ほとんどの人は英語でしょう。

簡単な単語から始まって、名詞や動詞を覚えながら、文法も一通り勉強。そうすると、徐々にリーディングもできるようになって、「上達してる」って満足感が得られて嬉しくなりますよね。

それでも、高校に進学して代わり映えのしない授業を受けたり、受験で単語や熟語、文法に構文などを詰め込むと、違和感を感じたり、直感的に「これじゃダメだな」って思ってきます。

けれど、タレントや帰国子女が流暢に話しているのを聞いたり、仕事で同僚がビジネス英語で活躍しているのを目にすると、やっぱり焦ってしまいますよね。

そうすると、積み重ねた知識よりも「やっぱり会話!」ってことになるし、英会話に走って勢いよく勉強したくなります。

そして英会話へ

英会話を始めようと思うと、真っ先に思い浮かぶのは英会話スクール。

学校やら受験やらから解放されて、楽しんだりスキルアップしたいと思って走り着く場所です。

他には、カフェなどでのプライベートレッスンや、オンラインでのレッスンなどもありますよね。最近は自分の好みやライフスタイルに合わせて選べるので、とても便利になりました。

そして、レッスンで必要になるのが話す勇気。

初めて話す時は自己紹介。事前に練習もできるので、そこまではO.K.。問題はその先です。

自己紹介ネタから会話が発展したり、クラスに慣れてきて「なんかいいこと言わなきゃ!」と、ひしひしと感じるプレッシャーとの戦い。このプレッシャーってループみたいに続いて、これが結構つらい。

もちろん、自分から話すことは大事。

ただ、いつまでもプレッシャーを感じるのは負担が大きすぎ。それなら、どうすればいいのか?ということになります。

そんな時は、ちょっとした考えの転換。英会話の本来の役割である「コミュニケーション」に戻りましょう。つまり英会話をするのではなく、「人と話している」ということを思い出すのです。

かっこいいのは、英会話ではない。かっこいいのは、人と話すということ

英語を話している日本人。

街とか電車の中で話している姿はかっこよくて、イメージは最高です。

こんな前振りをして気が引けますが、よく聞くと実はたいしたことは話してないのです。仕事なら仕事、プライベートならプライベート、日本語が英語になっただけ。例えば、会社で無料で飲めるコーヒーが不味いとか、オンラインで買った服のサイズが合わないとか。

ただ、大したことのない会話の中でも、絶対に外せない大事なことがあります。

それは、英語を話している日本人は自分がかっこいいなんて微塵も思っていないことです。

人って、いろんな人がいるんですよ。世界中には。国籍も違えば文化も歴史も、バックグラウンドが全て違う。それでも意思の疎通を図らなければならず、そのためにはかっこいいとかは言っていられません。人として話さないとお互いに理解し合えないから、外国語を話すのです。そのことを英語を話す日本人はよく知ってるし、だからこそ自分がかっこいいとは思っていないのです。

英語を話すって、人と話すってことなんですよね。

好きな人と話す

いろんな人と話せる英語。

何もかもが違う人と話せる英語。

あと、もう一つ大切なことがあります。

それは、自分と合う人、一緒にいたい人と話せるということです。

ちょっと矛盾しているようにも思えますが、振り返ってみると自分もみんなも、どこかで価値観や感じ方が同じ方向を向いてる人と一緒にいることが多いですよね。この矛盾は、どっちが正しいとかではなくて、いつも共存しているのです。

人の気持ちは、世界共通。「好きな人」と一緒にいたいのです。

積極的に話しかける勇気は大切だけど、そんなことを意識しなくてもあなたが話したい人、あなたと話したい人、きっといます。ぜひ出会って、その人と楽しくて幸せな時間を過ごしてください。

八戸秀一

八戸秀一

株式会社桜想 代表取締役

株式会社桜想 代表取締役。フランスへ留学し、仏語を習得後にパリ大学へ入学。映画制作を学ぶ。留学期間約4年6ヶ月。帰国後は映像制作会社を経て、仏語教師やアテネ・フランセなどで語学教育に従事。その後、翻訳・通訳に携わり2014年に桜想を設立。多言語翻訳サービス、多言語・インバウンドコンサルティングを提供。

  • blog_profile_website
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者のお知らせ

多言語翻訳サービスのご案内

「自分たちが持つ強みを現地の言葉でニュアンスまで正しく伝えたい」「訪れる諸外国のお客さまへ適切な接遇を提供したい」そんなご要望をお持ちのお客さまへ、想いを届ける高品質な多言語翻訳サービスをご提供しております。Webサイトやパンフレットの翻訳から、企業・店舗でのインバウンド対応まで幅広く承っています。

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

What's ninoya

icon_ninoya-copy-6Web集客でお悩みならninoya

banner_160104_2

faviconホームページ制作ならNew Standard

ninoyaのセミナー&イベント

ninoya BOOKS

翻訳できない世界のことば

外国語のなかには、他の言語に訳すときに一言では言い表せないような各国固有の言葉が存在する。本書は、この「翻訳できない言葉」を世界中から集め、著者の感性豊かな解説と瀟洒なイラストを添えた世界一ユニークな単語集です。

関連書籍

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
12/07(水) は 1342人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。