• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

12/04(日)は
1143
閲覧
New Standard
インターネットを巡る旅

カンボジアで暮らすおすすめブロガー5選 #移住ブログ世界紀行

Writter: けいろー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
illustration_keiro

Illustration by 増山慶彦

インターネットを巡る旅

web集客を知るならば、恋せよ旅せよインターネット。ninoyaライターのけいろーが送るインターネットの世界。ネットとリアルの接点が当たり前のものとなったいま、企業と私たちが目指すコミュニケーションの姿とは?

今回取り上げるのは、東南アジアのカンボジア王国。タイ、ラオス、ベトナムと国境を接する仏教国であり、現在の国が成立したのは1993年。成立年を見ると意外に新しい王国ですが、その歴史は長きにわたります。特に、9~15世紀にかけて存在していたクメール王朝の遺跡群・アンコールワットは、現在も世界的に有名な世界遺産ですよね。

観光地やバックパッカーの滞在先としての印象がそれなりにある、カンボジア。しかし少し調べてみただけでも、どうも「ビジネス」のために移住している日本人も少なくない国である様子。今回はそんなカンボジアで生活・仕事をする、5人のブロガーさんをご紹介します。

カンボジアの生活情報!地味だけど大切なこと。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-11-42-51
カンボジアの生活情報!地味だけど大事なこと。 – Living Information in Cambodia, Simple but Important things.

カンボジアへ移住した夫婦で運営されている、カンボジア情報ブログ。現地で快適に暮らすための治安情報や生活情報、他にも観光やグルメジャンルの記事も取り扱っている、総合情報ブログとなっています。

上記カテゴリーだけでなく、「旅行者」「ビジネス」「在住者」「主婦目線」といったタイプ別にも記事を分類しているのが嬉しいポイント。自分が興味のある記事に絞って情報収集することのできる、便利な情報サイトです。在住目的でない方も、参考にしてみてはいかがでしょうか。

情報が簡潔にまとめられた「まとめ」系の記事が多く目に入る一方、「主婦目線」の記事はまた違った魅力を持っています。現地の写真多めで、気になる飲食店情報も少なくありません。

カンボジア「ぢゃがいも」情報局

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-11-55-05
カンボジア「ぢゃがいも」情報局

長野県出身のマッサージ師、ぢゃがいもさんのブログ。2012年に初めてカンボジアを訪れ、“大きなエネルギーとビジネスチャンスを感じ”たことから、現地へ移住。マッサージ店をオープンしたそうですカンボジアぢゃがいも情報局、中の人。aboutぢゃがいもより)

ブログで取り扱っているのは、カンボジアで暮らすにあたっての基礎知識から、治安・交通・エンタメ情報まで。さらには自身のお店を持つシェムリアップとプノンペンの情報も充実しています。カテゴリーに「マッサージ」があるのは、こちらのブログならではですね。

こちらの記事は、現地人おすすめの「サーカス」の紹介。カンボジアのエンタメ情報にもアンテナを張っているとのことで、他にもおもしろそうなイベントが盛りだくさんです。詳しくは「エンターテイメント」カテゴリーからどうぞ。

カンボジアの中心で街造りをする社長のブログ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-18-22-45
カンボジアの中心で街造りをする社長のブログ

読んで字のごとく、カンボジアで街造りプロジェクトを進めている社長さんのブログ。20代のころに起業の経験を経て、2010年にカンボジアで現地法人を設立。2011年には家族でカンボジアへ移住し、日本の店が集まるストリート造りなどの活動をしておられるそうです。

社長さんということもあってか、ざっとブログを拝読したかぎりでもビジネス関連の記事が多め。日系企業の活動紹介や、在留邦人に関する情報、そのほかにもおすすめのお店や現地の慣習なども取り上げており、内容は多岐にわたります。

こうした最新事情の分析などは、おそらく他のカンボジアブログでは見られない情報なのではないでしょうか。現地での「生活」や「習慣」にまつわる情報とは別に、何らかのビジネスの志を持ってカンボジアへ向かう人は、必読のサイトです。

ノースキルでカンボジアで起業!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-18-38-55
ノースキルでカンボジアで起業!

こちらも起業家さんのブログ。2014年にカンボジアへ渡り、シェムリアップにてゲストハウスを開業されたそうです。ゲストハウスにはカフェも併設されているだけでなく、格安ツアーも催行中。日本人をはじめとする外国人観光客の宿として、多くの方に親しまれている様子。

カンボジアでの日常を切り取った記事が多く、管理人さんご自身の生活に根ざしたブログと言えそうです。更新頻度も低くはなく、日記調の文章がとても読みやすいので、一気読みするよりは更新されたときにチェックする形で読むと、長く楽しめるのではないでしょうか。

宿泊客同士の交流も当たり前のように行われているようで、どのエントリも笑顔の多い写真が素敵。他にも現地のカフェ・宿情報や、カンボジアでの日常を切り取った記事もたくさん。現地の下見に向かう際には、こちらの宿へおじゃまさせていただくのも良いかもしれません。

カンボジアを楽しく過ごすために必要な7つのこと!現地駐在日本人が紹介!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-18-52-07
カンボジアを楽しく過ごすために必要な7つのこと!現地駐在日本人が紹介!

最後にご紹介するのは、ツアー予約サイトの運営会社で務める、日本人スタッフさんのブログ。ツアーを取り扱うだけあってか、現地での交通情報が多めのブログとなっている様子。日本と関わりのある商店や滞在時のハウツーなど、どちらかと言えば観光者向けのサイトと言えますね。

とはいえ、あまり宣伝色の強い内容にはなっておらず、運営者さんが自由に日常を切り取ったエントリも数多い模様。そういった記事からは「カンボジアの日常」を感じ取れるので、現地へ移住しようと考えている方も一読の価値があるかと思われます。

こちらの記事などは写真も多く、街中では決して見られなさそうな景色がとても印象的ですね。記事がカテゴリ分けされていないのが痛いところですが、記事もたくさんストックされており、非常に読みごたえのあるブログとなっています。

まとめ

以上、カンボジアへ移住した日本人ブロガーさんのサイトを5つ、ご紹介しました。観光地としても有名なカンボジアの情報は少なくなく、「在住者」という視点で見ても多くの人が現地情報を発信していますね。

その一方で特徴的だったのが、カンボジアを取り扱っているブログは他の国と異なり、「治安情報」がひとつのカテゴリーとして重視されているように見えた点。

ちょっと旅行で訪れるだけでもトラブルに巻き込まれるケースも少なくないらしく、目立つところに「注意点」を掲載しているサイトが多く見受けられました。この点は、しっかりと調べておきたいポイントです。

将来的にはさらなる発展が見込めることから、ビジネス分野でも注目集めている国・カンボジア。この他にもたくさんのカンボジアブログがありましたので、気になる方はぜひ調べてみてください。

けいろー

けいろー

ninoyaライター

平成元年生まれ。新卒入社した大手メーカーで1年半働いた後、退職。現在、ライターの道を行かんと日々精進。ネット、アニメ、音楽、着物が好き。

  • blog_profile_blog
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

What's ninoya

icon_ninoya-copy-6Web集客でお悩みならninoya

banner_160104_2

faviconホームページ制作ならNew Standard

ninoyaのセミナー&イベント

ninoya BOOKS

23歳ゆとり、1年半で会社を辞めました

新卒入社から3年以内の退職を考える
著者:けいろー

関連書籍

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
12/04(日) は 1143人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。