• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

12/05(月)は
1533
閲覧
New Standard
インターネットを巡る旅

3つの書評ブログに学ぶ!本の魅力の伝え方

Writter: けいろー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
blogtop140718_3_03_keiro

インターネットを巡る旅

web集客を知るならば、恋せよ旅せよインターネット。ninoyaライターのけいろーが送るインターネットの世界。ネットとリアルの接点が当たり前のものとなったいま、企業と私たちが目指すコミュニケーションの姿とは?

こんにちは!突然ですが、本、読んでますか?

「読みたいけど、時間がなくて……」

「どこに行っても暑いし、この時期に本っていうのも……」

なんて事情で読めてない人も、少なくないのではないでしょうか。

読書と言えば、やはり「秋」。

わざわざこんな暑い時期に読まなくとも……と思ってしまうのも、自然な流れかと。

ですが、僕としましては、そんな夏だからこそ!

普段は本を読まない方にも、読書をおすすめしたいのです。

むしろ、暑い夏だからこそ、ちょっとした空き時間に、屋内に避難する機会も増えているではないでしょうか?「待ち合わせまで時間があるし、そこの喫茶店で一休みしよう」というように。

そこで、なんとなーくスマホをいじって過ごすのも、悪くはありません。

ですが、せっかく涼しく快適な空間にいるのだから、そんな空き時間にでも少しずつ、本を読み進めてみることをおすすめしたいのです。

とは言っても、読む本を探すのも面倒……と思ったあなた!

そんなときこそ、ネットにあまた存在する「書評ブログ」を参考にしてはいかがでしょう?

今回は、そんなおすすめの「書評ブログ」をご紹介させていただきます。

読書で本から学ぶブログ

スクリーンショット 2014-08-06 17.34.17

まず、ご紹介したいのが、僕もよく参考にさせていただいている、「読書で本から学ぶブログ」さん。

その名の通り、読書から得る「学び」に焦点を当て、管理人さんが読んだ本の感想や、広く「読書」にまつわる記事を書かれているようです。ほぼ、純度100%の「書評ブログ」ですね。

読書で本から学ぶブログ」さんの魅力は、何と言っても、その「読みやすさ」と「分かりやすさ」にあると思います。例として、記事の一部を引用させていただきますと……。

スクリーンショット 2014-08-06 17.40.35

「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣

このように、「見出し」で本の要旨を簡潔にまとめ、さらに本文で補足することによって、ざっと読むだけで、その本の内容が明瞭に伝わってくる記事となっています。

さらに、本文の文章の一文一文も冗長でなく、平易な短文でまとめられているので、非常に読みやすく、読者に優しい文章構成になっているように感じました。

ひとつの記事の文量に関しても、3分とかからずに読み終えることのできる短さ。短時間で多くの本と出会うことのできる、おすすめのブログです。

★「読書で本から学ぶブログ」さんのおすすめ記事、3選!

新年度に読みたいビジネス書50冊を選んでみました

社畜もフリーもイヤな僕たちが目指す第三の働き方

カフェ読書って、楽しいですよね。今日は、暑いので、カフェで読書をしようかと

読書猿Classic: between / beyond readers

スクリーンショット 2014-08-06 17.55.59

翻って、こちらはものすごく読み応えのある書評ブログ、「読書猿Classic: between / beyond readers」さん。

同名のメールマガジンで紹介した本をより深く解説したり、本から学んだ様々な知識や気付きを組み合わせ、ひとつの記事として落とし込んだ形で発信したりしておられます。

恐ろしいほどに、ブログの記事数、コンテンツ量が多く、その内容も、本の要約・まとめだったり、勉強法や文章術といったライフハックだったりと、本当に様々。

スクリーンショット 2014-08-06 18.20.50

無料で自宅でやりなおす→小学校の算数から大学数学までweb上教材をリストにした

過去の記事をジャンルごとにまとめた「目次」のような記事もあり、まるでブログそのものが多種多様なコンテンツを含んだ「本」であるかのよう。

ぜひ、「まとめのまとめ」から気になる記事を見つけて、読んでいただきたいところ。ですが、あまり読み込んでいると、本来の目的である「本」の存在を忘れてしまうので、注意が必要ですね。それはそれで、ありかもしれませんが(笑)

★「読書猿」さんのおすすめ記事、3選!

これは勉強のやり方が分からなくて困っている人のために書いた文章です

物語作者がチラシの裏に書くべき7つの表/もうキャラクター設定表はいらない

新入生に何か一冊だけというならこの本をお勧めするーヘンなものにハマる前に『知的複眼思考法』を読んでおくべき幾つかの理由

(チェコ好き)の日記

スクリーンショット 2014-08-06 18.49.06

もうひとつ、ご紹介したいのが、「(チェコ好き)の日記」さん。

芸術系の大学の卒業生である(チェコ好き)さんが運営しているブログで、書評に限らず、映画評、物語論、美術や旅の記録などなど、話題が非常に盛りだくさん。読んでいて、全く飽きの来ないブログです。

書評記事の特徴は、(チェコ好き)さん独自の視点で本の内容について語ったものである点。

あらすじは最低限。読者としてその本を読んで、どの部分に魅力を感じ、どのように考えたのかという「感想」にフォーカスしてまとめられているように感じます。

下記のおすすめ記事でも書かれていますが、「ここが面白かったよ!」という、他の人にその本を伝えようとする気持ちが、まっすぐ伝わってくるような書き味です。

スクリーンショット 2014-08-06 19.00.54

『失恋ショコラティエ』に見る、私的少女マンガ考

少年マンガに見られる「インフレ」が、少女マンガにもあるものだとして、どのような構造になっているのかを紐解いた記事。どうです?気になってきませんか?

「(チェコ好き)の日記」さんのおすすめ記事、3選!

村上春樹の「好き」「嫌い」はどこで分かれるのか? に関する一考察

あんまり手軽には読めない良書ガイドブックを5冊集めてみました

おいしい書評の書き方

書評によって、誰に、何を、どのように伝えたいのか

ブログで「書評」を書く目的は、人によって様々あると思われます。

単純に、自身の備忘録として。

本を紹介して得られる、広告収入のため。

同じ本を読んだ人と、感想を共有したいから。

ですが、本が好きで、本を読んで、その感想をわざわざ「ブログ」という場で公開している書評ブロガーさんの多くは、自分の好きな作品を誰かに「おすすめしたい!」という気持ちを少なからず持っているのではないでしょうか。

そして、その「伝え方」も様々あります。

さくっと本の内容を知りたい人のために、簡潔に内容をまとめたり。

本から得た情報を再構築して、ひとつのコンテンツとして発信したり。

自分なりの視点をもって、その本の特に魅力的な箇所を語ってみたり。

おそらく、「書評」の方法に正解はないのでしょう。

人によって本の好みに違いがあるように、「書評」に対してどのような情報を求めるかも、人それぞれに異なってくるはずなので。

ゆえに、書評に限らず、自らがコンテンツを発信するときに必要となってくるのは、自分なりの「伝え方」の「スタイル」を持つことだと、僕は考えています。

自分が、誰に、何をどのように伝えたいのか。

本であれば、その本の想定読者はどのような人か。

その本の魅力はどこにあるのか。

本の概要を含めた情報をまとめて伝えたいのか。

一部分でも魅力的な点を抜粋して伝えたいのか。

他の本と関連付けて、そこからもたらされる効用や方法論を伝えたいのか。

そのような、自分が伝えたい情報を整理した上で、自分なりの「スタイル」を持つこと。

「何を伝えたいか」をはっきりとさせることによって、曖昧だった自身のコンテンツの「型」が作り出され、読者にとっても魅力的なものとなり得るのではないかと思います。

けいろー

けいろー

ninoyaライター

平成元年生まれ。新卒入社した大手メーカーで1年半働いた後、退職。現在、ライターの道を行かんと日々精進。ネット、アニメ、音楽、着物が好き。

  • blog_profile_blog
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

What's ninoya

icon_ninoya-copy-6Web集客でお悩みならninoya

banner_160104_2

faviconホームページ制作ならNew Standard

ninoyaのセミナー&イベント

ninoya BOOKS

23歳ゆとり、1年半で会社を辞めました

新卒入社から3年以内の退職を考える
著者:けいろー

関連書籍

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
12/05(月) は 1533人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。