• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

12/08(木)は
1342
閲覧
New Standard
インターネットを巡る旅

ネット上で反響を集める、6人の人気Webライター

Writter: けいろー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
blogtop140718_3_03_keiro

インターネットを巡る旅

web集客を知るならば、恋せよ旅せよインターネット。ninoyaライターのけいろーが送るインターネットの世界。ネットとリアルの接点が当たり前のものとなったいま、企業と私たちが目指すコミュニケーションの姿とは?

誰もが気軽に情報を送受信できるようになった現代、インターネット上には数多くの「Webライター」さんの存在があります。

どのような話題でも魅力的な文章として描き出すオールラウンダーがいる一方で、特定のトピックやテーマに特化し注目を集めているライターさんも少なくありません。

今回はその中でも、Web上で反響を集めている有名なライターさんをまとめてご紹介します!

ヨッピー さん

一口に言えば、変態紳士。オモコロを始めとして、多くのネットメディアで縦横無尽に活躍しているライターさん。無職(自称)。Twitterでもたびたび画像が拡散されているので、若い人を中心に一度は目にしたことがあるのではないかしら。

端から見れば「変なことやってる変なおっさん」ですが、悪質なパクリメディアと徹底的に抗戦したり、社会実験的な記事も多く書いていたりと、非常に真面目かつ多彩なライターさんです。一度イベントでお話を聞いたときの印象は、「モテそう」でした。

黒ギャルとオタクが宅飲みしたら意外と相性が良かったことが判明

個人的に好きな記事。先日も「全員童貞vs全員AV女優!」という合コン記事を書いておられましたが、異種交流会な内容の企画はおもしろいですね。それぞれの以外な側面が見れたりして、自分の知らない文化圏に対する固定観念を崩してくれる感じ。好きです。

セブ山 さん

同じく、オモコロやトゥギャッチなどで執筆しているライターの、セブ山さん。紛うことなき「変なおっさん」のネタ枠。ヨッピーさん以上に脱いでる印象しかありません。同時に、なぜか「毛」のイメージがわきあがってくるのはなぜだろう……。

本当に俺はイギリス人にウケているのか?

セーター1枚で街をうろちょろしてみたら、イギリスでCMデビューすることになったというトンデモ展開の幕間的記事。イギリスのパフォーマー文化を知ることができ、そこでどのような反応を得られたかという過程がわかりやすく、しかもおもしろかったです。おもしろネタは世界に通用するのです。ぜひ参考に!

マルコ さん

四方山レビューサイト「カフェオレ・ライター」を運営するフリーライター、マルコさん。最近は、妹さんと2人で、ニコニコ生放送でも活動されているとか。

「生きていく上で特に必要のない情報を紹介するレビューサイト」と書かれているように、ぶっ飛んだネタなんだかガチなんだかわからない作品・情報の紹介を多くコンテンツとして配信しています。鳩と恋愛する乙女ゲーム『はーとふる彼氏』を初期に取り上げたのもマルコさんですね。

知られざる「駅ダンジョン」の世界

こちらの記事、僕も当時、目にした覚えがあります。ざっくり言えば、「日本の主要駅のダンジョン具合やべえ」という内容。納得のセレクトと、オチに笑います。ダンジョンというか……ほら穴?

雨宮まみ さん

AVライターの雨宮まみさん。恋愛、官能、エロなどのトピックを取り扱うということで、自分にとってはまったく異文化圏のライターさんだったのですが、読んでみると、おもしろい記事をたくさん書かれています。

「大嫌いな女友達」

ココロニプロロにて連載中の『穴の底でお待ちしています』より。読者さんの「愚痴」に対して筆者が答えていくというスタイルで、いくつか読みましたが、とても真摯に答えている印象を受けました。

特にこの記事は、男の自分でも「あるある」と感じてしまう話題だったので、思わず納得。「こういうのはどうですか?」と最初におすすめしつつ、相手視点も含めた別の考え方を提示することで、読んでいて自然と腑に落ちていく感じですね。

はあちゅう さん

フリーライターとして各所で活躍しながら、きっかけとなったご自身のブログで情報発信も続けている「はあちゅう」こと、伊藤春香さん。徹底的な女性視点による意見には共感する人も多い一方で、歯に衣着せぬ物言いが炎上することもしばしばある、といった印象です。

「今度飲みに行きましょう」とかいうやつは全員バカか暇人。

はあちゅうさん自身が書かれた記事が意外と見つからなかったのですが、最近話題になったものと言えば。煽り気味なタイトルを見ると、意図的に炎上を狙っているようにも感じますが、どうなんでしょうか。

岡田育 さん

本の出版、Web連載、同人活動など、多方面に活動されている文筆家、岡田育さん。やはり女性視点の書き口から多く執筆をしておられ、男女関係なく注目を集めています。

腐女子、隠してますか?

意外と見えない「腐女子」の生態を紐解く「女子会」シリーズの連載記事。広い意味での「オタク」などもそうですが、イメージが先行してしまってその実態を知らずにあれこれ語られている層は少なくないと思うので、このように“ナマ”のトークを読むことのできる記事は好きです。

以上、Web上で反響を集めている、6人のライターさんをご紹介しました。「反響」にもさまざまな種類があるので、どのようなトピックを、どのような切り口で書けば、どのような反応が返ってくるのか、という参考にもなるのではないでしょうか。

けいろー

けいろー

ninoyaライター

平成元年生まれ。新卒入社した大手メーカーで1年半働いた後、退職。現在、ライターの道を行かんと日々精進。ネット、アニメ、音楽、着物が好き。

  • blog_profile_blog
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

What's ninoya

icon_ninoya-copy-6Web集客でお悩みならninoya

banner_160104_2

faviconホームページ制作ならNew Standard

ninoyaのセミナー&イベント

ninoya BOOKS

23歳ゆとり、1年半で会社を辞めました

新卒入社から3年以内の退職を考える
著者:けいろー

関連書籍

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
12/08(木) は 1342人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。