• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

12/02(金)は
1423
閲覧
New Standard
インターネットを巡る旅

執筆・寄稿のできるライターを募集しているウェブメディア8選

Writter: けいろー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
blogtop140718_3_03_keiro

インターネットを巡る旅

web集客を知るならば、恋せよ旅せよインターネット。ninoyaライターのけいろーが送るインターネットの世界。ネットとリアルの接点が当たり前のものとなったいま、企業と私たちが目指すコミュニケーションの姿とは?

ブログを書いていると、たまに「寄稿」のお誘いをいただくことがあります。

ウェブメディアあるいは個人のブログなど、「自分の島」としてのブログ以外に自分の文章が載るのは不思議な体験。中には報酬をもらえるケースも少なからずあり、とても貴重な経験ができることは言うまでもありません。

今回はそんな、外部からの「寄稿」を募集しているウェブメディアをいくつかご紹介します。

nanapiワークス

スクリーンショット 2015-08-12 11.36.56

nanapiワークス [ナナピワークス] | あなたの得意な「やり方」を投稿してお小遣いを稼ごう

“生活の知恵があつまる情報サイト”でおなじみの「nanapi」の中でも、特に「How to記事」に特化したウェブサイト。報酬はポイント制となっており、自分の得意分野の記事を執筆することで現金や電子マネーに換金することが可能です。

All About

スクリーンショット 2015-08-12 11.37.07

All About(オールアバウト)

マネー、住宅、暮らし、ビューティ、健康、デジタル、車、旅行、ビジネス、恋愛、グルメ、ファッション――などなど、多種多彩なテーマで情報を発信している「All About」。900人以上ものライターが「ガイド」として参加しています。

ITmedia オルタナティブ・ブログ

スクリーンショット 2015-08-12 11.37.20

オルタナティブ・ブログ

「ITmedia」が運営する、“IT系実名ビジネスブログ・メディア”。その名のとおりIT系の話題に特化しているため、関連する知識を生かして文章を書くことのできる現役会社員・ジャーナリストが求められているようです。

ねとらぼ

スクリーンショット 2015-08-12 11.37.32

気になる・人に話したいネットの旬ネタをお届け – ねとらぼ

同じくITmediaが運営するカルチャー系の情報サイト、「ねとらぼ」。その日のインターネット上での話題も即座に取り上げ掲載しているので、普段から長時間にわたってネットを使っている人とは親和性が高いのではないでしょうか。

ロケットニュース24

スクリーンショット 2015-08-12 11.37.46

ロケットニュース24

おもしろネタや話題のニュースをいち早く取り上げている、「ロケットニュース24」。記事執筆だけでなく、日本語の記事を英語版サイトに翻訳する作業や、逆に海外の話題を日本語訳するライターも募集中です。

ガジェット通信

スクリーンショット 2015-08-12 11.38.03

ガジェット通信

“ネット上の議論、ネットカルチャー、デジタルガジェット情報、ライフスタイル提案、時事ニュース”などを“やわらかな表現”でもって伝えるニュースサイト、「ガジェット通信」。カテゴリーと専用のTwitterIDを設けるほど「寄稿」に力を入れており、多種多彩なブログ記事を掲載しています。

KAI-YOU.net

スクリーンショット 2015-08-12 11.38.15

KAI-YOU.net

アニメにアイドル、音楽にコスプレなど、“ポップ”なコンテンツを日々発信しているポータルメディア「KAI-YOU.net」。SNSアカウントでサイトに登録するだけで、記事を執筆・投稿することのできる環境が整っています。

Mac Fan

スクリーンショット 2015-08-12 11.38.49

[Mac Fan]トップ | マイナビブックス

マイナビが販売する、Macintosh・Apple製品のファンに向けた専門雑誌「Mac Fan」。その電子版で寄稿・執筆者を募っており、特に実践的なコンテンツを生み出せる人が求められている様子。場合によっては本誌誌面掲載もあるということなので、興味のある日は挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ

「寄稿のメリットってなんだろう?」と考えると、何点か挙げられるように思います。

自分の名前を知ってもらえるきっかけになるかもしれませんし、ブログへのリンクを貼ってもらえればアクセスアップにもつながるでしょう。なにより、対価としての「報酬」はやはりありがたいものです。

でもそれ以上に、個人的に「これは嬉しい!」と考えているのが、自分の文章を「編集」してもらえることです。普段から数多く文章を読み、校正作業に取り組んでいるメディアの編集さんに改善策を提示してもらうことで、自分もさまざまな気づきを得られることがあるのです。

もちろん、時には自分の意にそぐわない修正を求められることもありますが、それもまた勉強。それぞれのメディアが持つ方針を把握し、それに添って執筆することで文章力の向上が期待できますし、表現の幅も広がります。細部までチェックが入れば入るほど、「そういう書き方もあるのかー」と参考になることばかりです。

そういったメリットもありますので、まずは試しに他サイトでの「寄稿」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。報酬がもらえるか否か、という選び方もありですが、まずは「自分の書きたい文章と合っているか」という基準で考えてみることをおすすめします。

けいろー

けいろー

ninoyaライター

平成元年生まれ。新卒入社した大手メーカーで1年半働いた後、退職。現在、ライターの道を行かんと日々精進。ネット、アニメ、音楽、着物が好き。

  • blog_profile_blog
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

What's ninoya

icon_ninoya-copy-6Web集客でお悩みならninoya

banner_160104_2

faviconホームページ制作ならNew Standard

ninoyaのセミナー&イベント

ninoya BOOKS

23歳ゆとり、1年半で会社を辞めました

新卒入社から3年以内の退職を考える
著者:けいろー

関連書籍

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
12/02(金) は 1423人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。