• Twitter
  • facebook
  • search

-web集客の悩みは尽きず-

12/02(金)は
1423
閲覧
New Standard
インターネットを巡る旅

いま一番アツい求人オウンドメディアが札幌にあるのをご存知ですか?

Writter: けいろー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
illustration_keiro

Illustration by 増山慶彦

インターネットを巡る旅

web集客を知るならば、恋せよ旅せよインターネット。ninoyaライターのけいろーが送るインターネットの世界。ネットとリアルの接点が当たり前のものとなったいま、企業と私たちが目指すコミュニケーションの姿とは?

スクリーンショット 2016-03-11 11.31.22
札幌の大学・短大・専門学生歓迎バイト求人 | アルキタ学生応援ナビ

『アルキタ学生応援ナビ』というメディアをご存知ですか? 主に北海道・札幌近郊の求人情報を掲載している求人サイト『アルキタ』の系列メディアなのですが、それがどうも、一般的な「バイト情報サイト」とは一線を画しているようなのです。

そもそも『アルキタ』と言えば、昨年2月にシンガーソングライターの高橋優さんをイメージキャラクターに採用し、CMソングとポスターキャンペーンが話題となりました。現在、CMは新たなものに変更されましたが、BLACK BISCUITSの替え歌が耳に残ると、Twitterでも評判の様子。

ポスターにCMなど、印象に残る広告を展開している『アルキタ』ですが、中でも学生に特化したこの『アルキタ学生応援ナビ』では、独自のコンテンツを発信しているようです。どのような内容になっているのか、ざっくりとまとめてみました。

メインとなる求人情報検索は普通……?

『アルキタ学生応援ナビ』のトップページにアクセスしてみると、パッと見たかぎりでは普通のバイト情報サイトと遜色ないようにも見えます。

サイト左部サイドバーに「求人検索」の項目があり、「駅」「シフト」「土日祝勤務」「交通費」「短期」「履歴書不要」などおなじみのカテゴリーが設けられ、エリア・日数・待遇・仕事内容別などの条件から、気になるアルバイト情報を探すことができるようになっていますね。

大手人材サービスでも「大学生」の求人情報を調べることはできますし、『大学生アルバイト.com』『学生アルバイト情報ネットワーク』のような特化サイトも存在します。いずれも求人数は決して少なくなく、サイトによっては全国を網羅しているところも少なくありません。

そんな状況下において、「北海道」の「大学生」という、非常に限られたターゲット層を設定したうえでメディアを運営しているのが、この『アルキタ学生応援ナビ』です。

運営元の株式会社 北海道アルバイト情報社さんは、道内で人材サービス事業を展開している企業としては歴史もあるようなので、勝手知ったる――という強みも当然あるのでしょう。

ですが、実際にそのコンテンツ内容を見てみると、掲載されているのは地域限定の求人情報に留まりません。他の求人サイトでは読むことのできない、学生目線のおもしろいコンテンツを数多く提供しているのです。

イベント情報、インタビュー、ファッションスナップ……魅力的なコンテンツがいっぱい!

それが、上部サイドバーで「求人情報」の横に並んでいる、「編集部オススメ」の項目。一見すると“おまけ”的なサブコンテンツであるようにも見受けられますが――内容は盛りだくさん。15のサブカテゴリーで構成され、まるでひとつの学生向け情報誌だと思えるくらいに充実しています。

スクリーンショット 2016-03-11 11.30.43
サカナクション(Vo./G.)山口 一郎さん | アルキタ学生応援ナビ

例えばこちらのページは、「バイトがあって今がある」と題し、社会の第一線で活躍中の“大人”たちにインタビューした記事となっています。その職業も、ミュージシャン、映画監督、俳優、NPO代表、イラストレーターなど多種多彩。学生でなくとも、読み応えのある内容です。

スクリーンショット 2016-03-11 11.30.55
学生のリアルな日常【今、なにしてる?】 | アルキタ学生応援ナビ

取り上げられているのは、有名人だけではありません。道内の現役大学生の日常を切り取った「今、なにしてる?」や、ファッションスナップに学食レポート、さらには大学のサークル・イベント情報などなど、大学生の生活に根ざしたページもいっぱい

さらにはラジオ番組とのコラボレーションや、メディア編集部が学生のチャレンジを応援する企画など、参加型のコンテンツもありました。――こうなってくると、もはや「バイト情報サイト」というよりは、「地域密着型の学生向け情報誌」と評したほうが近いようにすら思えてきますね。

情報に付加価値を与え、読者との距離感を縮めるオウンドメディア

先にも書いたように、この『アルキタ学生応援ナビ』は「バイト情報サイト」としての根幹を持ちつつも、それだけでは説明できない要素と魅力を持ったサイトとなっています。一口に、運営会社の自社媒体、「オウンドメディア」としての性質を多分にはらんでいるとも言えますね。

本サイトのどこが“オウンドメディア的”なのかと言えば、自社の商品=求人情報をただ売り出すのではなく、ひとつの「コンテンツ記事」として付加価値を与え、より有意義な情報としてユーザーに提供している点にあります。

上でご紹介した「編集部オススメ」カテゴリーのコンテンツは、一見すると雑誌・ブログ的な記事としか読めません。でも全部がそうではなく、「バイトがあって今がある」の文中では明確に各バイトの魅力が説明されていますし、記事末尾には求人情報へのリンクが貼られています。

つまりこのサイトは、学生目線の「為になる」あるいは「おもしろい」コンテンツを提供すると同時に、自社商品である求人情報に興味を持ってもらうための、導線の役割も果たしているのです。以下で説明されている「オウンドメディア」の定義に、そのまま当てはまるサイトとなっていると言えますね。

顧客との一方向または双方向による
継続的な情報の交換を通じて
企業の売上に寄与する
自社所有のメディア

オウンドメディアマーケティングとは?(基本モデル編)|オウンドメディア・カスタムCRMのYURAS(ユラス)

魅力的なオウンドメディアのサンプルとして、また一人の読者としても楽しんで読むことのできそうな、『アルキタ学生応援ナビ』。これからの動向と展開にも注目です!

けいろー

けいろー

ninoyaライター

平成元年生まれ。新卒入社した大手メーカーで1年半働いた後、退職。現在、ライターの道を行かんと日々精進。ネット、アニメ、音楽、着物が好き。

  • blog_profile_blog
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者新着

著者人気

ninoyaブログ新着

blog_share_area_heading読者登録はこちら

What's ninoya

icon_ninoya-copy-6Web集客でお悩みならninoya

banner_160104_2

faviconホームページ制作ならNew Standard

ninoyaのセミナー&イベント

ninoya BOOKS

23歳ゆとり、1年半で会社を辞めました

新卒入社から3年以内の退職を考える
著者:けいろー

関連書籍

New Standard

-web集客の悩みは尽きず-
12/02(金) は 1423人が閲覧

ninoyaからのお知らせ

Facebook、Twitter、メルマガで最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。