記事広告制作

近年、SNSを通じて注目を集める、記事広告の手法に注目が集まっています。

記事広告とは「良質な記事」と「メディア・SNS広告」を組み合わせた広告です。

  • SNS上での露出を一気に獲得したい
  • 新しい商材の認知を迅速に得たい
  • 一過性ではない広告に取り組みたい

このような課題をお持ちの場合は、ぜひ記事広告をお試しください。

 

SNSで注目が集まるのは限られた企業だけ?

記事広告を用いることでどんな企業でも注目を集めることが可能です。

例えば、以下は創業500年の水産加工会社の事例です。

コーポレートサイトに初めて投稿した記事ですが、たった3日間でSNSで4桁超のシェアを獲得しています。

 

企業規模が大きくないと注目を集まらない?

よく言われますが誤りです。

私たちは10人に満たない企業ですが、自社メディアとSNSを活用することで多くの取材を受けています。

例えば、以下は弊社新規事業「キャリ婚」に関するメディア記事です。



日ごろオウンドメディアやSNSを用いていれば、どんなに小さな会社でも取材を集めることも可能です。

また、それらが無くても、記事広告を活用することで同様に成果を生み出すことができます。

 

記事広告には100万円以上が必要?

記事広告には大きく分けて2つの方法があります。

  • 著名なWeb媒体に記事を掲載して注目を集める
  • 自社サイトに記事を掲載してSNS広告で拡散する

前者は認知度の高い媒体に記事が掲載されることがメリットです。媒体の記者が取材して記事を書くため、100万円を超える値段が一般的です。

後者は媒体料が掛からないため数十万円程度で実施できます。一方で固定読者がいないため、企画とSNS広告の運用が成否を分けます。

詳しくは以下記事にまとめています。

私たちは自社媒体での成功経験から後者の方法を提案しています。

記事広告制作について

記事広告の制作は3つのプロセスに分かれます。

  1. 企画提案
  2. 取材・執筆
  3. 広告運用

具体的には以下作業を行います。

1. 企画提案

認知を得たい商材についてお伺いし、もっともSNSで注目を集める企画をご提案します。

SNSというメディアの特性上、企画がユーザーの感情に刺さらなければいけません。

炎上は避けなければいけませんが、誰の注目も集めない陳腐な企画では意味がありません。俗に言われる尖った要素も必要です。

その上で、私たちは「読者が読後にポジティブな感情を得られる」ことを大切にしています。

2. 取材・執筆

企画を立てたら、コンセプトに合う人物へ取材を行います。

必ずしも取材記事である必要はありませんが、読み物としての面白さと認知獲得のバランスから、取材記事をお勧めしています。

インタビュイーと呼ばれる取材対象者は、クライアントにご紹介いただく場合と私たちが行う場合の双方があります。

記事ができあがったら、お客さまと細部を詰めご指定の媒体で公開します。

3. 広告運用

記事を公開したら即座にSNS広告を出稿します。

出稿先は記事によっても異なりますが、基本的には以下媒体に出稿します。

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • はてなブックマーク

広告はおよそ3日〜1週間程度出稿します。

CPCと呼ばれるクリック単価や、問合せ状況を見ながらチューニングしていきます。

料金について

記事広告の制作は1本50万円から承っています。

サービスに含まれる内容

  • 企画のご提案(打合せ1回含む)
  • 取材(弊社にて取材調整を行う場合は別途料金)
  • 記事執筆(約4,000字)
  • SNS広告運用
  • レポート納品(打合せ1回含む)

よくある質問

Q:成果は保障してもらえますか

オプションでPV保障プランを設けています。詳しくはお問合せください。

 

Q:ライターは自社の方ですか

自社ライターで行う場合と、パートナーライターで行う場合の双方があります。記事広告はコンセプトでその成否が分かれるので、企画に合ったライターを用います。

 

Q:SNS活用の相談もお願いできますか

レポート納品時に今後の活用方法をご提案しております。継続してサポートを希望される場合は、別途コンサルティングをご検討ください。

 

まずは気軽に相談してみる

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。

pagetop