オウンドメディア運営

記事は書いているがPVが増えない。

記事は増えたが問合せが生まれない。

どうすれば、リードを獲得できるメディアになるのか?

そうしたオウンドメディアにまつわるお悩みを日々いただいています。

 

オウンドメディアに大切なこと

ところで、なぜいま多くの企業がオウンドメディアに活路を求めるのでしょうか。

そこには次のような背景があります。

  • 顕在客を獲得するための広告費が高い
  • 潜在客は検索やSNS経由で獲得したい

もし、あなたが同様の課題を持ってオウンドメディアを始めた場合、果たしてPVを上げることは重要でしょうか。

あるいは、多くの記事を書き連ねる作業はMASTでしょうか。

きっと異なるはずです。

では、オウンドメディアにおいてもっとも重要なことはなんでしょうか。

それは読者の態度を変容させることです。

 

読者の態度変容とは何か

私たちは、オウンドメディアにおけるPVはそれほど重視していません。

なぜなら、問合せの獲得においては読者の態度変容こそが重要だからです。

態度変容とは認知を獲得し、比較検討に打ち勝ち、実際に問合せを得るプロセスを指します。

そして、これらの成否は「新規UU(訪問者数)」と「CVR(問合せ率)」に表れます。

読了率や著者別解析などがあるに越したことはありません。

しかし、追いきれない数字を集めたところで成果は生まれません。

大切なのは行動と改善を繰り返し、引き合いを生み出すことです。

オウンドメディア運営支援について

オウンドメディアで問合せを生み出す。

そのためには、読者の態度変容が重要です。

具体的には以下3つの要素が必要です。

  1. 認知獲得用の記事
  2. 比較検討に打ち勝つ記事
  3. コンバージョンを生む記事

私たちはこれら3つの記事をバランスよく制作することで、問合せを生み出していきます。

1. 認知獲得用の記事制作

企業のオウンドメディアで認知を獲得する方法はさまざまですが、この段階ではSEOがベストです。

なぜなら、一定の原理原則に沿って記事を書くことで、高い確率で新規のユニークユーザーを増やしていけるからです。

最終的に問合せを生む記事は、おそらく認知獲得用の記事の1割程度です。しかし、内部設計の観点から、その記事を生み出すために他の記事の存在も重要です。

2. 比較検討に打ち勝つ記事

コンスタントに新規読者が獲得できるようになったら、競合他社との比較に勝つ記事を揃えていきます。

また、いわゆる「お客さまが並んでいる状態」の演出も必要です。

例えば、あなたが見知らぬ土地を尋ねた場合、以下どちらの飲食店に入るでしょうか?

  • 雑居ビルの3階にある曇りガラスの飲食店
  • 雑居ビルの1階にあり席がほぼ埋まってる飲食店

多くの方が後者の飲食店を選ぶはずです。

味を比べられない状況で店を決めた理由、それは人の存在感にほかなりません。問合せの獲得にも同様の演出が必要です。

3. コンバージョンを生む記事

最後にコンバージョンを生む記事です。

これがなければ、穴の空いたバケツで水をすくう状況と変わりません。

便宜上記事と表記しましたが、単純な問合せフォームでも、カートでも、ランディングページでも、資料ダウンロードでも内容は問いません。

大切なことは、安定してコンバージョンを生むための方法論を確立させることです。

料金について

オウンドメディア運営支援は、原則コンサルティングとセットでご契約をお願いしております。

但し、プラン8のみ単独でのご契約も可能です。

プラン8 プラン12 プラン16
料金
(3ヶ月)
230,000円/月 ASK ASK
料金
(6ヶ月)
200,000円/月 ASK ASK
料金
(12ヶ月)
160,000円/月 ASK ASK
認知記事 月8本 月12本 月16本
検討記事 なし 別途ご提案 別途ご提案
CV記事 なし 別途ご提案 別途ご提案
公開代行 なし 別途対応可 別途ご提案
定例会 月1回60分 コンサル契約に順ずる コンサル契約に順ずる
場所 弊社 or 動画面談 コンサル契約に順ずる コンサル契約に順ずる

※地域により別途交通費・宿泊費を実費で申し受けております

よくある質問

Q:どれぐらいで効果が生まれますか

新規運営の場合、約3ヶ月程度で方向性に問題がないか数字で判断できます。また、約6ヶ月程度でリード獲得や受注率の向上が見え始めるケースが多いです。実際には制作する記事本数、質、広告、コンバージョンポイントの設計で効果は変わってまいります。

 

Q:費用対効果を懸念しています

短期的な集客においては広告の方がリスクは少ないです。一方、長期的な集客においては、オウンドメディアがあることで自然と見込客を集めることが可能になります。どの程度のコストで、どの程度の効果が得られるかケースバイケースでご案内をさせていただきます。

 

Q:記事はどこに掲載しますか

クライアントが保有するコーポレートサイトやサービスサイト、既存のオウンドメディア等になります。いずれも存在しない場合は、別途弊社にて新規のメディアサイトの制作も承っています。自社開発のWordPressテーマで安価な制作も可能です。

 

Q:原稿のサンプルを見れますか

認知獲得用と、CV用の記事ではクオリティが異なってまいります。また、ご予算によっても文字数や、アイキャッチ・図表の有無等が変わってまいります。お打合せの際に事例をもとにご案内させていただきます。

 

まずは気軽に相談してみる

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。

pagetop