翻訳をお考えの皆さまがいちばん心配されるのは、自分たちが持つ固有の良さをきちんと言葉のニュアンスとして伝えられるか?というご不安ではないでしょうか。あるいは専門的な技術や知識を相違なく表現できるか?というお悩みかもしれません。

桜想は高品質な多言語翻訳をサービスとしてご提供しております。

以下のとおり、多くの言語に対応しております。

桜想の対応言語一覧

英語 ・中国語 ・フランス語 ・韓国語 ・ロシア語 ・ドイツ語

スペイン語・ ポルトガル語・ イタリア語・オランダ語・ ポーランド語

ベトナム語・ タイ語・ マレー語・ インドネシア語・ アラビア語ほか

しかし、私たちは必ずしも多くの言語に対応できることが自分たちの強みだとは考えておりません。

桜想の強みは次の2点にあります。

・ 翻訳して伝えたいひとの気持ちに立つこと

・ 見聞きするひとが分かりやすい言葉で訳すこと

ともすると「そんなことは当たり前だろう」とお叱りを受けるかもしれません。ところで、海外作家の書いた小説などをお読みになられたことはあるでしょうか?その数はおそらく一度や二度ではないと思います。

それらの本を読んだときに、なんだか言葉すうっと頭に入ってこない。登場人物の姿形やことばがどうも記憶に残らない。そうした経験が過去になかったでしょうか。

本当の意味ですばらしい翻訳とは、読み手の言語感覚にのっとって行われます。そのため読み手にストレスを与えません。結果として「それが翻訳された言葉」だと意識することなく対象に集中することができます。

私たちは翻訳とは黒子のような存在だと考えています。すぐれた黒子ほどその存在を意識させずに、顧客に最良の体験を提供します。桜想ではそうした黒子のようにすぐれた翻訳の提供を心がけています。

桜想の3つのお約束

桜想ではお問合せをいただくお客さまへ3つの事柄をお約束をしております。

高品質な翻訳

桜想ではあらゆる言語で高い品質の翻訳を実現するために、多くの翻訳者と契約しています。

その契約に当たっては以下の厳しい基準を設けております。

  • 当該言語における優れた語学力を有すること
  • 専門分野及び翻訳者としての実務経験が豊富であること
  • 翻訳文書を実際の業務で使用するお客様への配慮ができること

高品質な接遇

翻訳がことばとことばのやり取りならば、その担い手である翻訳会社は何よりコミュニケーションに優れていなければいけません。桜想では以下の通りお客さまとのコミュニケーションを大切にしています。

  • 翻訳言語、分野、納期、ご予算などを丁寧にヒアリング
  • 語調の選択、レイアウトや納品ファイルの種類など細部への配慮
  • 適切な進捗管理と、誤訳ゼロを目指すお客さまとの体制づくり

高品質な納品後対応

桜想では納品後の品質管理も重要と考えています。お客さまへは翻訳納品後も以下の対応をお約束しております。

  • 翻訳後の問合せも翻訳者やコーディネーターが丁寧に対応
  • いただいたご意見に対する社内共有の徹底
  • 翻訳者へのフィードバックと、より優れた翻訳サービスへつなげる取り組み

桜想の対応サービス

桜想では特に以下の翻訳サービスを多くご利用いただいております。

Webサイト・パンフレット多言語翻訳

Webサイトやパンフレットなどを所定の言語に翻訳いたします。何より伝えたいニュアンスを、お選びいただいた言語で適切に表現することを得意としております。また、アメリカやヨーロッパがマーケットの場合、日本語サイトよりもシンプルでシャープなフォントにするなど細部のデザインなどについてもアドバイスをさせていただいています。

インバウンドコンサルティング

桜想では、インバウンドで最も重要な「集客」と「接客(外国人対応)」に焦点をあてたコンサルティングを提供いたします。語学や外国人、異文化ビジネスの豊富な知見にもとづき、新規インバウンド事業の立ち上げや経営課題の解決を全面的にサポートいたします。小さな商店やレストランから企業までさまざまなご相談をいただいています。

どんな時にでも書き手の伝えたい想いと、読み手の理解したい想いをつなげられるよう。

そこに、桜に想いをはせる日本人ならではの細やかな感性をもって。

翻訳のご相談はぜひ桜想までお寄せください。