PRライターという仕事

マスメディアの方に聞く。テレビや雑誌に取り上げられるには?今日からできる広報・PRの基本~放送作家 木村公洋さん~

テレビ、ラジオ、新聞などをはじめとする、マスメディアに自社の商品やサービスを取り上げてもらうにはどうしたらよいのだろう。マスメディアの方たちは、普段どんな情報を求めていて、自社に関心を持ってもらうにはどうすればよいのだろう。と悩んでいる広報・PR担当者の方も多いかと思います。

放送作家の木村公洋さんは、数々のテレビ・ラジオの報道や情報番組の制作に携わり、日々どの情報を取り上げるのかを考えていらっしゃいます。

 

マスメディアに取り上げてもらうには、信頼関係が重要です」。そう話す木村さんに、マスメディア側が思うテレビなどに取り上げてもらうために広報PR担当者がやるべきことを、PRライター篠原優奈がお伺いしました。

 

マスメディアに取り上げてもらうには、まず自社の強みを知ること

───放送作家とは、普段どのようなことをされているのでしょうか。

木村公洋(以下、木村):放送作家は、テレビやラジオの番組の構成や台本を考える仕事です。アイデアを出し、番組のプロデューサーやディレクターと企画案を考え、会議で決まったことを企画書にまとめ、台本にしていきます。

 

僕の場合はテレビのニュース番組も担当しているため、企業の経営者、NPOの代表、スタートアップの方々と関わることがとくに多いですね。

そのときに広報・PR担当者の方とも知り合いになり、「どうすれば自分の会社がテレビに取り上げられるのでしょうか」という相談を受けることも多いです。多くの企業が悩んでいらっしゃいますね。

 

 

───実際に、マスメディアに取り上げてもらうには、まず何から始めたらよいのでしょうか?

木村:自社の強みを改めて把握することですね。商品はもちろん、会社の歴史、組織や風土も含めて強みをたくさん把握できると、提案できる切り口を変えることができ、取り上げられる機会が増えやすいです。

強みを知るためには、社内のいろいろな人に話を聞きにいくことをおすすめします。好奇心を持って、社内の人と改めてコミュニケーションし、話を聞いてみると、新しい発見が必ずあるものです。

 

また、自社と似ている会社が、マスメディアでどんな取り上げられ方をされているかを調べるとよいですよ。

比べることで、他社と違った強みが見えてくることもあります。商品だけでなく、働き方とか、社内制度とか。他社にない興味深いポイントをマスメディアは探しています

 

メディアは、「みんなが考えつかないようなこと」を求めている

───テレビ業界で働かれている方は、どのような情報を求めているのでしょうか?

木村:マスメディアは、視聴者やリスナーが「なるほど」と思うような、普段あまり考えつかない視点の商品やできごとを求めています。

意外な視点を身につけるためには、普段のルーティンから外れることを意識してください。たとえば、私もよくやっているのですが、ひと駅手前から歩いて帰ってみるとか、家から駅までの歩く道を変えてみるとか。

そんな小さなことでも、違う風景が見えて新しい発見を得るきっかけになります。新しいコミュニティと関わったり、趣味を増やすことなどは、もちろんおすすめです。

 

広報・PRパーソンは、自分が、掲載してもらいたい雑誌の記者や、紹介されたいテレビ番組のプロデューサーだったとしたら、何を取り上げたいだろう、というマスメディア目線を養う意識を持つとよいですよ。くりかえしていくと、発想の練習になります。

 

 

───ほかにもメディアの目線を養うために、できることはありますか?

木村:世の中の流れや、世間が注目されていることは、把握したほうがよいです。

マスメディアは、新しい発想やアイデアはもちろん、世の中のトレンドやニュースを主に報じます。それに合わせて、自分の会社の事例や商品と関連づけることができないかと常に考えることは大事ですね。

新聞や雑誌の見出しを見るだけでも世の中の動きがわかると思いますよ。いまはニュースアプリも活用できますよね。

 

どうやってマスメディアに載るのかということに、答えはありません。人物を求めているときもあるし、商品を取り上げたいときもあります。

そのときどきによって変わってくるので、それを見つけ出し、マスメディア側の人に提案することが広報・PR担当者の仕事のひとつだと思います。それを提案できるようなマスメディアとの関係構築も大事ですね。

 

自分の強みを発信することがマスメディアとの関係構築につながる

───広報・PR担当者として、マスメディアの方との信頼関係を構築するためのポイントはありますか?

木村:まずは、相手に自分の話や存在を印象づけることだと思います。そのためには先ほども言った、会社の強みを知ることと同じように、自分自身の強みを知ることが大切です。

「この人は広報・PRの人だ」というだけでなく、もう一言、プラスアルファで覚えてもらえるようなキーワードを考えてみてください。自分が好きなことを考えてみたり、自己分析してみると、何か見えてくるものがあると思います。

 

強みを多く持っていたほうが、興味を持ってもらいやすくなります。僕も広報・PR担当者と会うときは、その人のパーソナルな部分を聞くようにしています。

自分の強みを知っていて、おもしろい人は、いろんな人に紹介したくなりますし、そこから長い付き合いになっていくのだと思います。

 

それと、会う予定のあるマスメディアの人のことを事前に調べることは大前提です。その人の公開しているSNSや署名記事などを検索し、何に関心があるのかなどを下調べしてから、会って話すときの話題をつくると印象に残るのではないでしょうか。

 

 

───最後に、広報・PRパーソンの方へメッセージをお願いします。

木村:会社を発展させることが広報の役割であり、目的です。マスメディアに取り上げてもらうこと、商品を売ることが広報の役割、目的ではなく、あくまで手段の1つということを忘れないでください。

社会に対しての課題解決や、貢献するような商品や活動を発信しつづけて、マスメディアの人や、お客さまにファンになってもらう。そうすると、いろんな方面の人と信頼関係がつくれて、PRにつながるのだと思います。

本質的なことを見失わないようにしてほしいです。僕がすごいと思う広報・PRパーソンはそれを愚直にやりつづけています。

 

インタビューを終えて

今回、木村さんからお話を伺い、めったに聞くことのできない、マスメディア側の目線を知ることができました。自社の強みを社内で深掘りする、周りと比べて、ほかにはないところを見つける、それを発信する。これが取り上げてもらう1番の方法なのだと思います。

 

「テレビに取り上げてもらうにはどうしたらよいのか?」広報・PR担当者として、私もずっと課題としておりました。相手に興味を持ってもらえることは大事だと思っているものの、どうすればよいのかが分からず、マスメディアの方に提案することが不安なときもいまだにあります。

今までは自社のことばかり考えておりましたが、これからは視野を広く持ち、自分の強みも見つけて発信していこうと思います。

 

(取材・執筆:PRライター 篠原優奈)

 

関連情報

木村公洋さん運営Webメディア「nitti」

itty selectionのPRライター

PRライター メンバー紹介ページへ

itty selection Inc.のPRライター

itty selection Inc.のPRライター

PRライター/PRプランナーとしてninoyaでも活動してきた、かみむらゆいが2016年に設立。PR・マーケティング、キャリアプロデュース(フリーランス支援・NYとつながるサービス)によって、企業や人びとの「セレクト」=「価値のある選択」をサポートする会社です。

記事一覧はこちら

  • HP

ninoya inc.のお知らせ

この記事はいかがでしたか?

いいね!と思ったらボタンを何度でもタップ!いいね数はライターに届きます。

279LIKES

LIKE

ライターへ感想を送るライターへ感想を送る

Share

itty selection Inc.のPRライター の新着記事

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。

pagetop