あつまれ! ジモトBot

 

突然ですが、TwitterにおけるBotアカウントの存在をご存知ですか?

 

Botアカウントといえばプログラムを組んで、決まった定型文を一定周期でつぶやくもの。そうした認識の方もいるかもしれません。実は、Twitterにはもう一つのBotアカウントがあります。手動でツイートをつぶやく、いわゆる“中の人” がいるものです。

 

「え? Botなのに手動??」

 

ちょっと混乱してしまうかもしれませんね。

 

Twitterは個人の趣味志向をベースにつながるSNSです。当然それらを起点にしてアカウントをつくります。では、自分が住んでいる町が好きな人はどうでしょう。

 

地域の固有名詞をそのままアカウント名にするのは気が引ける。けれどもまったく関係のない名前で登録しても同じ地域に住んでいる人に見つけてもらえない。実名なんてもってのほか。

 

そこで注目されたのがBotアカウント。機械的な雰囲気がどことなくパブリック、一方でツイートから垣間見える人柄は、まさに場所を中心につながりたい人にとって望ましいものでした。

 

JR本八幡駅。千葉県市川市にあるこの駅は、地域の交通の要であり、住民のショッピングスポットでもあります。この本八幡を拠点に活動する地元Bot、それが「本八幡bot(@motoyawata__bot)」です。

 

地域系Botアカウントとして多くのフォロワーを抱える「本八幡bot」ですが、実はninoyaブログ執筆メンバーの一人でもあります。

 

運用歴が伸びるにつれ増えていく地域とのコミュニケーション。そんななか、私たちにある想いが生まれました。

町おこしを企画した主催者が大小ぶつかる壁、それが「皆で話し合う」というもの。話し合いはとても大切ですが、全員が納得するアイデアは存在しません。

反対意見を納得させる材料を集めるにも時間が掛かる。結果、従前の繰り返しになってしまう。そんなケースをしばしば目にしました。

ここで、その是非について問うことはありません。ただ、町おこしをもっとカジュアルに、たった一人で行える方法もあることを知ってほしい。

そんな個人が集まれば大きな町おこしの力にもなる。

 

こうして始まったのが、オンライングループ「あつまれ!ジモトBot」です。

 

目標は国内最大の地域系Botアカウントグループ。あなたもお住まいの地域のBotアカウントを開設して、いっしょに地元を盛り上げていきませんか?

あつまれ!ジモトBot 概要

当グループでは、Twitter初心者の方でも「おらが町が一番」という気持ちがあれば、アカウントの開設〜フォロワーの獲得、日々のコミュニケーション術まで、地域系Botを楽しく運営するためのテクニックを余すことなくお伝えします。本格的な町おこしはもちろん、地元メディア や団体の振興、あるいは趣味のひとつとしても大歓迎です。

ジモトBotを運営するメリット

・町を見て回るようになる

・町の変化にいち早く気づくようになる

・定期的にフォロワーから声がかかる

・店舗や自治体から声がかかる

・住民がジモトBotについて語るのを耳にする

・ほんのり地域を振興している気持ちになる

◎地元のことがいまよりもっと好きになる

グループ内容

資料提供

以下の資料をお送りします。

加入後
・ジモトBotにおけるアイコン、カバー、プロフ
・ツイートのための地元ストーリーの見つけ方
・アカウント認知を高めるツイートクリエイト

加入1ヶ月経過後
・ツイートPDCA&セルフまとめの作り方
・お悩みリプライ・DMコミュニケーション術
・取材・広告・公共団体から相談が来たときは
・批判、炎上、勧誘、特定などのトラブル対処法

運営サポート

アカウント運用について、いつでもオンラインで質問・相談ができます。回答は平日、中1営業日で行います。

オンライン交流会

月に一度、オンライン会議室で交流会を開きます。地元Botアカウント同士、運用についてざっくばらんにお話しましょう!

※火・水・木いずれか19時〜20時での開催を予定しています

お申込みについて

参加条件

・Facebookアカウントを用意できること
交流は非公開Facebookグループの中で行います。実名/非実名は問いません。

・町、駅など特定地域のTwitterアカウントを用意できること
アカウントの作成はグループ加入後で結構です。

・主体的に活動できること
本グループはジモトBotの運用について、相互にコミュニケーションを取りながら、地元住民にとって有意義なアカウントを作っていくグループワークです。日々主体的にツイートしなければ何も効果は生まれません。受動的に参加して得られるものはありませんのでご注意ください。

・地元がLOVEなこと
もちろん欠かせません。

料金

会費:2,980円/月

交流会:1,980円/回

いつでも自由に加入・退会いただけます。ご入会後の返金は承っておりませんので、予めご了承ください。

 

\こんにちは! 本八幡botです/

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

本八幡botとはその名の通り、本八幡について呟くアカウントです。密かに熱い野望を掲げつつ始めたこのアカウント。現在約5,000人のフォロワーさんがいて、月に3桁のペースで増え続けています。運用歴はぴったり5年間です。

 

ときに自治体からも声が掛かり「国内有数の地域系アカウントである本八幡botさんに……」というご相談もいただきます。

 

特別難しいことはしていません。自分が楽しいと思うことを大切に、気が付けばフォロワーさんが5,000人いたのです。変に目標を持つとかえって達成できなくなる性格なので、単純に「楽しい」の気持ちだけをテキストと画像に反映してきました。

 

結果、それが人に伝わり、人が集まる不思議な現象を毎日のように体感しています。これは本八幡botがすごいわけではなく、SNSを通じて気持ちが伝わりあう環境が整ったからだと思います。

 

すべての地元には必ずストーリーがあります。土地があり人がいる以上、必ずです。「このお店のハンバーグが美味しい」「いつもこの路地で一瞬迷う」こんな小さなことでも大きな共感を呼ぶのが地元の繋がりです。その発信ができるのがジモトbotです。

 

そして、いまこう考えています。

 

・地域botという町おこしの手段を拡げたい

・この楽しさをみんなに知ってもらいたい

・全国で一緒に「楽しい」を作っていける仲間が欲しい

 

同じ気持ちを持つ人が全国に必ずいると信じています。

 

断言しますが、ジモトbotは誰にでもできます。アイドルでもない、実業家でもない、それでもたくさんのフォロワーさんが集まってくれる。地元という永久コンテンツがそれを可能にしてくれます。

 

ジモトbotはその特性上、近くの学校など若い世代のフォロワーから増えます。長く続ければ続けるほど、世代が上がってきてまた次の若いフォロワーが増えていきます。

 

夏祭りや高校の文化祭など毎年恒例の行事に詳しくなったり、学生さんからゲストとして呼ばれたりします。もちろん地元のお店や企業にも詳しくなります。閉店や再開発によって失われた風景だって、過去のツイートに記録として残っていた時どれだけ喜ばれたことか。

 

この数年で蓄積した数々のノウハウ、それを当時の本八幡botに教えてあげることができたなら……今日の時点で10,000フォロワーは軽く超えていたと思います。

 

アカウントの育て方に正解はありませんが、現在進行系のジモトBotとしてすべての裏側をお伝えできます。初日からスタートダッシュするためのTipsも用意しました。たくさんのフォロワーさんと地元ならではのコミュニケーションを楽しんでください。

 

あなたは今日から地元に欠かせないアカウントになります。

みんなで全国あらゆる地域を盛り上げていきましょう。

 

さあ、準備はできましたか?

ようこそジモトbotへ!

 

注意事項

・各月の引き落とし後の返金は理由を問わず承れないのでご注意ください

・PayPalの入退会手続の代行はできません。ご自身でお取り扱いください

・領収書の発行には対応しておりません。クレジットカードの明細をご利用ください

・許可があるものを除き、グループ内の情報を外部へ漏洩することは禁止します

・グループの趣旨に沿わない投稿は事務局の判断で削除する場合があります

よくある質問

Q:資料はいつもらえますか?
A:Facebookグループ内にダウンロードリンクを用意しています

Q:Facebookグループの入会は表に見えませんか?
A:非公開グループなので誰にも見えません

Q:決済方法について教えてください
A:こちらのページよりご確認ください

Q:退会方法について教えてください
A:こちらの手順でいつでもご解約いただけます

Q:銀行振込は可能ですか?
A:クレジットカード決済のみとなります

ご入会の流れ

1)申込フォームよりご入会情報をお知らせください。

お申込はこちら

 

2)PayPalよりクレジットカード決済をお願いします。毎月同日に会費が引き落とされます。

※10/31までのご入会に限り初月無料でご加入いただけます

決済はこちら

 

3)Facebookグループへの招待をメールでお送りします。

 

その他、ご不明な点がありましたらお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

Share

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。

pagetop