一人Web担教習所

実は画像にもあるSEO!画像検索における5つの対策

一人Web担教習所

本稿では、画像検索と画像SEOの対策方法についてご紹介します。SEOと聞くと文章だけに対策するものと思われがちですが、HPからの集客を考える上でも画像SEOはとても大切なんです。

 

 

画像検索の基礎知識

はじめに、画像検索とは何のことなのか簡単にご説明しておきましょう。

画像検索って何だ?

何か調べごとがあると、Googleなどの検索エンジンを使って検索をしますよね。キーワードにヒットするページが表示されるのですが、実は検索できるのはページだけではありません。画像も検索できるんです。

画像検索の方法ですが、Googleの場合はまずはトップページをひらきます。右上に「画像」という表示がありますね。そこをクリックしてください。

Googleのトップページで「画像」をクリック

すると、画像検索用の検索ページがひらきました。

Googleの画像検索トップページ

試しに「WordPress」というキーワードで画像検索をしてみましょう。下のように、画像検索の結果が表示されたでしょうか。

Googleの画像検索結果

画像検索は集客につながる

画像検索は、画像を探す機能です。それだけ聞くと、画像SEOの大事さがあまり伝わらないかもしれません。

実は、画像検索の結果ページで各画像をクリックすると、その画像が掲載されているページに移動することができます。つまり、HPへの流入につながるんです。画像検索が重要な理由はココにあります。HPの画像が上位に入っていれば、集客につながるということです。

画像SEOの5つの対策

画像検索で上位に入るためには、そのための方法があります。画像SEOのポイントを5つにまとめました。

alt属性を設定する

画像には欠かさずalt属性を設定するようにしましょう。alt属性とは、画像の内容を文章で表した説明文のこと。HTMLでは、下のように記述します。

正しい内容でalt属性を設定するようにしましょう。それによって、クローラーが画像の内容を把握するのに役立ちます。

alt属性は、その他にもメリットがあります。何らかの原因で画像が表示できなかった場合に、代わりに画面に表示されます。また、音声ブラウザはalt属性を読み上げます。

画像を設置する時に一手間増えますが、忘れずに設定しておきましょう。

画質を上げる

画質はできるだけ上げるようにしてください。画質の良くない画像を使っていると、画像検索で見栄えがしません。結果、ユーザーからのクリックが期待できなくなってしまいます。

ただ、あまり画質を上げすぎるとデータ量が大きくなってしまいます。ページの表示速度が遅くなってしまう可能性もあるので、注意しましょう。

魅力的な画像を使う

内部SEOでは、魅力的なコンテンツが必要でした。

画像SEOもそれと同じで、魅力的な画像であることが大切です。ユーザーが思わずクリックしてしまうような、キャッチーな画像であれば画像検索からの流入も稼ぐことができます。

内容がわかるファイル名にする

画像のファイル名は、内容がわかるファイル名にしてください。

例えば、ライブの告知バナーのファイル名が「banner01.jpg」だとします。これでは画像の内容が全くわかりませんよね。「live-announcement.jpg」や「new-live.jpg」といった風に、画像ファイルの内容が予想できる名前にしましょう。

画像のまわりの文章も大切

画像のまわりの文章も大切です。クローラーはalt属性も参考にしていますが、画像のまわりの文章も見ています。無理に画像の内容に合わせることはないのですが、まわりの文章が画像の内容と合っているか、確認しておくといいでしょう。

あとがき

画像SEOについて、対策のポイントをご紹介しました。SEOはその他にも、動画SEOなどの方法もあります。自社の方針に合わせて、最適なSEOを行っていってください。

ninoyaブログ編集部

ninoyaブログ編集部

Web集客は一日にしてならず。私たちといっしょに日々取り組んでまいりましょう。ご相談もお気軽に。

記事一覧はこちら

この記事はいかがでしたか?

いいね!と思ったらボタンを何度でもタップ!いいね数はライターに届きます。

2LIKES

LIKE

ライターへ感想を送るライターへ感想を送る

Share

ninoya inc.のお知らせ

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。

pagetop