こころをつなぐ翻訳の心得

英会話レベルのコミュニケーションと、仕事で使える語学力

英会話で世界中の人とコミュニケーション!

 

なんて想像したりしませんか?

英会話スクールに通ってみたり、出会った外国人とカタコトで話してみたり、海外旅行でも使いたいし、勢いがついたら留学までしてみたり。

 

英会話だけでも、いろんな夢が広がりますよね。

それも、ちょっと現実的だったりするし。

 

そして英会話をクリアすると、次はビジネス英語!

外国人と打ち合わせしたり、会議に参加したり、海外出張にも出かけたり。

 

英語力で仕事もプライベートも大きく前進!?

そんな希望が膨らむ英語について、今回は語学教育からみた「英会話からビジネス英語まで」についてお伝えしましょう。

 

 

英語をコミュニケーションツールにする英会話

英会話。英語でいろいろな人とコミュニケーション。

難しい話はできなくても、ちょっとしたことで笑いあって楽しく過ごせればいいな、なんて思いますよね。あれも話したい、この話も聞いて欲しいという思いはどんどん大きくなっていきます。

 

ただ、楽しみながらもちょっと気をつけてほしいこともあります。

それは、無理して日本語と同じように話さないで、ということです。

 

実は日常英会話、結構むずかしいんですよ。

なぜなら、日本語で話す時は無意識にボキャブラリーや言い回しに気を遣ってるし、話題の広さに制限はないのですから。

 

例えば、友達と一緒にご飯をする時、恋愛の話やスマホの買い替え、旅行の予定など、話はどんどん広がりますよね。この会話を分野別に分けると、感情論やIT技術、観光であり、複数の分野にまたがっています。いろんなテーマを自由に話すのは、とてもレベルの高いことなのです。

 

ですから、英会話ができなくてもがっかりしないでください。こんな難しいことにチャレンジしているのですから。苦手な分野や興味がなかったら、さらりと話題を変えて大丈夫です。日本語でも同じことをしてるし、それがコミュニケーションなのですから。

 

ビジネス英語で必要なこと

日本で勉強して、留学もしたりして英会話が上達したら、次はもちろんビジネスレベル。

ぜひ目指したいですよね。

 

ビジネスレベルというと、難しそうにも思えますが、ある意味では英会話よりもアプローチしやすいと思います。ビジネス英語は、定型の言い回しや専門分野の用語を覚えれば、効率的に上達できます。まずは新聞やテレビで試してみてください。

 

また、前回の連載でも触れましたが、受験英語はここで役立ってきます。

もちろん覚えた全てではありませんが、全く役立たずと思いながら暗記していた単語や熟語が打ち合わせや書類などでひょっこりでてきます。これもメリットですからぜひ活かしましょう。

 

ただひとつ、ビジネス英語では英会話と決定的に違うことがあります。

それは、文章力です。

 

ビジネスでは会話やリーディングだけではなく、メールを書いたり書類を作成するための文章力が必須です。メールから報告書、プレゼンまで文章で求められることは数多くあり、英会話からビジネス英語へのステップアップする最大のハードルだと思います。とは言っても、小説ではないので習得は可能です。しっかりとスキルアップしてください。

 

英語力を証明する英検やTOEICのスコア

英語をたくさん勉強したから、今の実力を知りたい。

英語を身につけたから英語で仕事がしたい!

 

と、英語力がついてくると思ってきます。そんな時には検定試験。

そして、英語の試験と言えば英検とTOEICですよね。

就職や転職の際に、履歴書の資格欄に書く人も多いと思います。

ただ、級やスコアについて何級や何点から書けばいいのか迷うでしょう。

 

まず英検ですが、準1級あたりから書くと印象が良くなると思います。

英検の場合は、準1級と2級が一つの境界線であり、ここが判断基準ですね。

 

TOEICですが、最近ではこちらを重視する傾向が強くなっています。世界共通でリスニングもあるので、指標として分かりやすいのでしょう。

 

気になるスコアですが、700点が一つの目安になると思います。英語力を必要とする仕事なら800点以上あるとプラスになります。またTOEICの場合、900点以上のスコアを持っている人もいますね。ただ、点数が高くても企業は英語が話せるとは判断しないので、英語力をアピールするなら、プラスαをしっかりと伝えてください。

 

英語で自分を表現したり、発信するということ

英会話レベルのコミュニケーションから、ビジネス英語まで。

 

中学校で本格的に始まって、高校や受験を経て大学までずっと続く英語の勉強。リーディングはとても上達するし、英語力の一部は確実に身につきます。ただ、やっぱり英語を存分に楽しめるコミュニケーションスキルは欲しくなりますよね。

 

英語で大切なのは、アウトプット。

自分の思っていることや経験したことを声や文章で伝えることができると、とても自由になれます。嬉しいとか心地いいとか、切ないとか。仕事でもプライベートでも、英語で大切なのは相手に発信して分かってもらうことと、分かってあげること。学校を卒業した後の英語は、楽しい場所からスタートできますよね。とても心が弾んで胸の高まる思いがどこまでも広がりますよ。

八戸秀一

八戸秀一

株式会社桜想 代表取締役。フランスへ留学し、仏語を習得後にパリ大学へ入学。映画制作を学ぶ。留学期間約4年6ヶ月。帰国後は映像制作会社を経て、仏語教師やアテネ・フランセなどで語学教育に従事。その後、翻訳・通訳に携わり2014年に桜想を設立。多言語翻訳サービス、多言語・インバウンドコンサルティングを提供。

記事一覧はこちら

  • HP

八戸秀一 からのお知らせ

多言語翻訳サービスのご案内

「自分たちが持つ強みを現地の言葉でニュアンスまで正しく伝えたい」「訪れる諸外国のお客さまへ適切な接遇を提供したい」そんなご要望をお持ちのお客さまへ、想いを届ける高品質な多言語翻訳サービスをご提供しております。Webサイトやパンフレットの翻訳から、企業・店舗でのインバウンド対応まで幅広く承っています。

この記事はいかがでしたか?

いいね!と思ったらボタンを何度でもタップ!いいね数はライターに届きます。

3LIKES

LIKE

ライターへ感想を送るライターへ感想を送る

Share

ninoya inc.のお知らせ

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。

pagetop