PRライターという仕事

1/7〆切。どうしてPRライターなら「理想の働き方」を追求できるのか<フリーランス・パラレルワーク・海外で働く。どれでも選べる。広報・PRプランナー&PRライター養成講座 第3期>

こんにちは!かみむらゆいです。第3期「PRライター養成講座」、エントリー〆切まで間近です。

最後の最後まで迷っている!という方のために、どうしてPRライターなら「理想の働き方」を追求できるのかというテーマで記事を書いてみます。

というのも、この講座「ただスキルを身につけたい」という方よりも、「理想の働き方・キャリアを築きたい」という方がとっても多いのです。

 

世の中にはいろんな講座がありますが、スキルを教えてもらっても「働き方」や「活躍の仕方」は自己責任というところも多いですよね。

それでは自立や理想のキャリア形成には届かないという人も多々。

この講座は、スキルはもちろん、その先、本当に活躍するところまでをサポートします。

「スキルアップのために」ではなく、「よりよい人生のために」受講してもらいたいと思います。

 

PRライターが「理想の働き方」を実現できる、5つの理由

まず、PRライターという仕事は、まだ1〜2年は需要が多いというのを前回の記事でお伝えしました。

それを踏まえたうえで、広報・PRプランナーやPRライターがさまざまなキャリアパスに対応できる理由には、以下のようなことがあります。

 

これは、前回の記事でも書いたように、今のタイミングだからというところも大きいのですが……。

・東京では、PRが必要なのに始められない企業が多い
・国内主要都市をはじめ、地方でもPRの認知度がアップしている
・海外の先進国では、10年以上前から人気職種
・リモートワークにも向いている
・これからの複業(パラレルワーク)の在り方に適している

 

東京では、PRが必要なのに始められない企業が多い

これは、広告やPR業界の歴史に関係することなのですが、広告を打ち出しても世の中に届きにくくなったことから、PRという手法がだんだん広まりはじめたんですね。

以前は、テレビCMや新聞・雑誌の広告枠に出稿すれば、届けたい人に情報を届けることができていましたが、インターネットが普及してテレビや新聞・雑誌を読む人も減り、人びとの情報収集はWebがメインに。

さらにはWeb広告も「バナーはクリックしない」とか「リスティング広告は押さない」という人たちが増えました。

 

そこで、広告ではない、PRが重要視されるようになったんです。

広告って、出稿に数百万円したりして、安価なものとは言えませんよね。そんな広告にかけていた予算がPRに回ることも多いため、PR業界は比較的予算がとりやすかったんです。

だからこそPR会社に依頼すると、(大声では言えませんが……)高い!

費用対効果や投資効率を考えれば、一概に高い・安いとは言えませんが、小さな企業が予算を捻出するのはなかなか難しいんですね。

 

それでも、PRが主流になれば中小企業もPRをしなければ、必要な人に情報を届けたり、コミュニケーションをとってファンになってもらったりすることができないですよね。

そこで、少しでも費用を抑えて手がけてくれるフリーランスのPRプランナーたちに仕事が集まるようになっています。

 

国内主要都市をはじめ、地方でもPRの認知度がアップしている

東京では耳馴染みになってきたPRという言葉。

とはいえ4〜5年前までは、まだまだ東京でも「PR?なにそれ?」という感じでした。現在でも「広告のこと?」「プロモーションのこと?」と言われることも多々。

そんなPR、ここ1〜2年で国内主要都市をはじめ地方でも、徐々に認知度がアップしています。もちろん、ここからどんどん広がっていくでしょう。

 

しかし、まだまだ「PRとは何か」「どうすればいいのか」という情報が、地方にはかなり少ないんですね。

私事ですが、2018年には大阪・京都・福岡・沖縄などでPRに関する講演やお仕事を手がけました。2019年は同県に加えて、長野などでも講演予定です。

 

それぞれビジネスのやり方も違い、東京に勝る部分も多いとはいえ、国内主要都市であっても、PRの理解度でいえば東京に比べて2〜3年遅れている印象です。

地方でも求められているからこそ、場所にとらわれずにいろんなところで働くことができます。

 

海外の先進国では、10年以上前から人気職種

わたしがPRの仕事に出会ったニューヨークでは、PRは東京の7〜8年ほど先を行っているような気がします。

海外では、まだ日本でほとんどPRが認知されていなかったころから「PRの仕事をしている」といえば「いい仕事だね!素晴らしいね!」「うちもPRしてほしいよ」という言葉をもらっていました。

ニューヨークに限らずハワイや、ヨーロッパやアジアの先進国(シンガポールなど)でも、同じような反応でした。

 

海外では、貴重な専門スキルとしてリスペクトされているのがPRだという印象です。

もちろん、PR職を求める企業もたくさんあるため、とくにデジタルPRを学んだ人であれば海外でもいくらでも転職先があるので、いずれ海外に住みたいという方にもおすすめです!

 

リモートワークにも向いている

PRプランナーのお仕事には、現地にいなければできないものもあります。たとえばイベント開催やマスメディアへの同行など。

しかし、今の時代、PRプランナーの在り方は変わってきていて、WebでのPRが主流になりつつあります。というか、WebでのPRを知らなければなかなかPRの本質を叶えることはできないんですね。

そのため、多くのことをWeb上でできるようになっています。

PRライターのお仕事であればなおさら、原稿を書くのはどこででもできますから、リモートワークにはとても向いているんです。

 

これからの複業(パラレルワーク)の在り方に適している

さらに、自社では2018年から「複業でPRを」というのを提唱しはじめています。

これから2〜3年すれば、「複業」は、これまでの副業のイメージのように「お小遣い稼ぎのためにこもってコツコツやる」というものではなくなると確信しています。

 

複業でこそ、好きなことを。複業というからには「どっちも本業」という意識で!というのが当たり前になると思います。

そんなとき、ぜひPRを。ということなんです。

PRを知っていれば、本業に活かすこともできますし、何より自社に所属しているメンバーは複業家が多く、「本業以上に楽しい!」「本業以上にやりがいを感じている!」という声を本当によく聞きます。

だからこそ「複業としてPR」を、おすすめしています。

エントリーは2019年1月7日まで、です

いろんなキャリアパスを描ける広報・PRプランナー&PRライター。

本当に今おすすめの職種なので、もし「やっぱり今期受講しよう!」と思われた方は、ぜひエントリーしてくださいね。

修了から6か月後の成果をまとめたページもあるので、ぜひ読んでみてください!

第2期修了から6か月、ステキな成果が届きました

講座の詳細プレスリリースはこちらからご覧いただけます。

エントリー受付開始!第3期 2019年1月開講

面接エントリー方法

件名:【エントリー】広報・PRプランナー&PRライター養成講座

本文:お名前(ふりがな)、メールアドレス、電話番号、現在のご職業、PR文(自由にご自身をPRしてください)

エントリーメールアドレス: pr@ittyselection.com

エントリー受付期間

2019年1月7日(月)まで!
※応募数に応じて、早期〆切とさせていただく場合がございます。
※先着順にて、随時面接させていただきます。

講座概要

開催日時: 2019年1月20日(日)15:00〜/6か月間
月1回、各4時間(合計6回、24時間)を予定しております。

定員:20名

場所:東京都渋谷区・新宿区エリア直接ご参加いただける方が優先となります(オンライン参加は要相談)

料金:300,000円+税(※各講義 4時間 5万円)
お支払いは、現金またはPayPalでの決済となります。

講座の価格について

第3期のプログラムはこちら

面接でお話しできるのを楽しみにしています。

itty selection Inc.のPRライター

itty selection Inc.のPRライター

PRライター/PRプランナーとしてninoyaでも活動してきた、かみむらゆいが2016年に設立。PR・マーケティング、キャリアプロデュース(フリーランス支援・NYとつながるサービス)によって、企業や人びとの「セレクト」=「価値のある選択」をサポートする会社です。

記事一覧はこちら

  • HP

この記事はいかがでしたか?

いいね!と思ったらボタンを何度でもタップ!いいね数はライターに届きます。

21LIKES

LIKE

ライターへ感想を送るライターへ感想を送る

Share

ninoya inc.のお知らせ

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。

pagetop