PRライターという仕事

PRライターになるなら、今!? ギリギリ需要過多の1〜2年以内にキャリアチェンジへのステップを。

こんにちは!かみむらゆいです。

第3期「PRライター養成講座」、エントリー期間もあと少し。すでに面接を終えたみなさまのなかから、定員の半数のメンバーが決定しました!

 

今回は「これから理想のキャリアをつくる1歩を踏み出す」という方に加えて、海外でバリバリ働いた経験を持つ方や、すでに会社経営をされている方も。

そして、地方からの受講者さんも多く相変わらず多彩なメンバーが集まってきました!

 

過去最高に、今!PRライターをおすすめしたい、2019年

実は、わたしのなかで、前回までの2回以上に「ぜひ、今回受講してほしい!」という気持ちが高まっています。

ふだん「必要な人はどうぞ」という、ゆるめのスタンスで仕事をしているので、「ぜひ受講してください!」と、大声で叫ぶようなことはしないタイプです(笑)

が、2015年からつくってきた「PRライター」というお仕事。

2019年のタイミングが、もっとも熱い。お得。ぜったいに将来に活きる!と確信しています。

 

今後、人気職種としてキャリアチェンジしづらくなる

というのも、PRライターは、本当に年々増加。まだ需要過多です。

でも、おそらくあと2〜3年もすれば飽和状態になり、3〜4年すれば人気職種としてなかなかPRライターの職に就くことは簡単ではなくなっていきます。

PRライターを名乗ったとしても、そのときまでに実績をつけていない人が活躍することは本当に難しいだろうな……と感じます。

 

なぜ、そんなことが言えるのか。

それは、同じような波を、エンジニア、デザイナー、そしてなによりPRライターととても近いWebライターが辿ってきているからなんです。

歴史を知れば、そこから未来はある程度予測できるんですね。

これらWeb業界や広告・PR・クリエイティブ業界の歴史〜これからの流れは、講座内でもみっちりお伝えします。

 

飽和状態を迎えてから後発での“活躍”は難しい

実際、今、エンジニアさんやデザイナーさんも、まだまだ需要が高いといえど、活躍されているのは本当に実力のある人ばかり。

経験と実績をつんで、これまでのトレンドの変化も知っていて、先を読めて、そのうえでスキルがある人に、かなりお仕事が集中しています。

Webライターさんたちも同じです。

 

後発では「その職に就く」まではできても、「活躍する」には相当な努力が必要です。

人一倍の努力ができるほど「好き」という気持ちはもちろん、これまでに培った他のスキルや経験と掛け合わせて新たな価値を提示できる人……など、特別ななにかが求められます。

突出したなにかがなければ、例えばエンジニアさんならアジア諸国で安価でよい技術力が得られるからとお仕事が外へ流れてしまったり。

例えばWebライターなら、ある程度だれにでも書けそうな記事であればクラウドソーシングで予算を抑えて記事をつくろうとするのが、企業として当然のことなんですね。

PRライターの歴史からみる、2019年が「最高潮」の理由

2015年からつくってきたPRライターというお仕事。スタート時には、かみむらのみ。

わたしは幸いにも、PRの職についたのがアメリカのニューヨークでしたので、日本の同業界の何年も先をいく世界を見ることができました。

そして、帰国後に勤めた会社も在職中にニューヨーク支社ができたような、アメリカとご縁が深い企業だったので、アメリカスタンダードを取り入れていました。

 

そんななか、日本の広報・PRにもライティングスキルが欠かせなくなるという確信を持ってPRライターをスタート

こういった背景があったからこそ、PRライターという仕事を日本に生み出すことができたのでした。

 

上場企業も人材募集。PRライターは一般的な職業に

2016年は、第1期の講座受講生から公認のPRライターさんが登場。また、チラホラ名乗っている(お会いしたことのない)ブロガーさんなどが登場しました。

こうやって、数名ずつ増えてきたPRライター。

 

2017年にはPRや広告業界では非常に有名な上場企業も「PRライター募集」を始めます。

そして、2018年には誰もが知っている人気企業から、地方の企業まで、多くの会社が「PRライター募集」を正式に行っています。

企業名はここでは出しませんが、Google検索していただければと思います。

さらには、リスティング広告を出している企業さんも出てきました。

 

今から経験と実績をつんだ人は、必ず重宝される

このように、確実に年々増えているPRライター。

2019年には、より一般的に。2020年以降はWebライターやコピーライターなどと同じく「当然、この世にある職業」として人気になっていくと予測できます。

 

しかも、年々、なにごともスピード感が早くなる一方ですよね。

すぐに飽和して、すぐに活躍するには突出したなにかが必要になる……みたいな時代がくると思います。

ただし、別に不安を煽るつもりはありません。

そのころにも、そのころに合わせた「活躍できるPR人材を増やすための場」を、きっとわたしは提供しているんじゃないかなと思います(笑)

 

けれども、今から学び、今から経験と実績をつんでおくことは、非常に有利で将来安泰!と言い切れます。

PRパーソンとして、経営者として、リスクマネジメントも重要なので、あまりなにごとも言い切らないのですが、言い切っちゃいます(笑)それほど確信しているからです。

エントリーは2019年1月7日まで、です

もし「やっぱり今期受講しよう!」と思われた方は、ぜひ、1月7日までにエントリーをお待ちしています。

ぜったいに後悔させません。安心して、飛び込んできてください。

 

第2期メンバーからは日々「予想以上の未来になった」「受講前は不安しかなかったのに、今はこれからが楽しみでしかないです」という声をもらっています。

修了から6か月後の成果をまとめたページもあるので、ぜひ読んでみてください!

第2期修了から6か月、ステキな成果が届きました

講座の詳細プレスリリースはこちらからご覧いただけます。

エントリー受付開始!第3期 2019年1月開講

 

面接エントリー方法

件名:【エントリー】広報・PRプランナー&PRライター養成講座

本文:お名前(ふりがな)、メールアドレス、電話番号、現在のご職業、PR文(自由にご自身をPRしてください)

エントリーメールアドレス: pr@ittyselection.com

エントリー受付期間

2019年1月7日(月)まで!
※応募数に応じて、早期〆切とさせていただく場合がございます。
※先着順にて、随時面接させていただきます。

講座概要

開催日時: 2019年1月20日(日)15:00〜/6か月間
月1回、各4時間(合計6回、24時間)を予定しております。

定員:20名

場所:東京都渋谷区・新宿区エリア直接ご参加いただける方が優先となります(オンライン参加は要相談)

料金:300,000円+税(※各講義 4時間 5万円)
お支払いは、現金またはPayPalでの決済となります。

講座の価格について

第3期のプログラムはこちら

それでは、面接でお話しできるのを楽しみにしています!

itty selection Inc.のPRライター

itty selection Inc.のPRライター

PRライター/PRプランナーとしてninoyaでも活動してきた、かみむらゆいが2016年に設立。PR・マーケティング、キャリアプロデュース(フリーランス支援・NYとつながるサービス)によって、企業や人びとの「セレクト」=「価値のある選択」をサポートする会社です。

記事一覧はこちら

  • HP

ninoya inc.のお知らせ

この記事はいかがでしたか?

いいね!と思ったらボタンを何度でもタップ!いいね数はライターに届きます。

7LIKES

LIKE

ライターへ感想を送るライターへ感想を送る

Share

itty selection Inc.のPRライター の新着記事

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。

pagetop