インターネットを巡る旅

2019年5月に注目を集めたWebサービス4選

最近、新たに公開され話題となったWebサービスの中から、個人的に気になるものをまとめました。2019年5月版です。

Photo Bank」「月極ライダー」「Freax」「Leaner」の、計4つのサービスをご紹介しております。

 

Photo Bank


PhotoBank|FUJIFILM

富士フィルムが提供する、写真整理アプリ。

写真の保存・整理・検索ができるクラウドサービス。スマートフォンで撮影した写真はもちろん、フィルム写真もスキャンしてまとめて管理することができます。

AIが類似写真や失敗写真を自動で判別しタグ付けしてくれるため、種類ごとにまとめたり非表示にしたりするのも簡単。5GBまでは無料で、それ以上の容量は、25GBプランが月額190円から利用できます。今後は新機能や関連サービスも追加していく予定とのこと。

月極ライダー


月極ライダー|初期費用0円の月額制バイク所有体験サービス

月額制のバイク貸出サービス。

より正確には「バイク所有体験サービス」と銘打っており、購入でもレンタルでもない、バイクを月単位で「お試し」できるサービスとなっているようです。

初期費用は0円。メンテナンスやロードサービスなどのサポートも整備されており、別の車種に乗り換えることも可能。気に入ったバイクはそのまま購入できます。まずは埼玉県で実証実験として展開し、反響によってはサービスエリアを広げることも検討しているそうです。

Freax


‎Freax – チケット見逃し防止アプリ

ライブチケットの見逃し防止アプリ。

いつも聞いている音楽の情報を元に、最新のライブや公演のチケットを複数サイトから検索できるサービス。複数サイトでのチケット検索と、申し込みの手間を解決してくれます。

Apple MusicやiPhoneに保存されている音楽データと連携して、普段から聴いているアーティストをフォロー。そうすることで、ライブの最新情報をチェックすることができます。「チケットの発売日」と「申込み期限の前日」に通知してくれるため、情報を見逃すこともありません。

Leaner


Leaner

企業向けのコスト管理クラウドサービス。

企業が抱える無駄なコストを徹底的に見える化し、削減可能な間接費を分析。そのうえで「どのように実施すべきか」をAIで提案してくれます。

KPI管理によって割高か割安かを可視化し、優先的にコスト削減を推進する費目を設定。Leanerが示す最適なコスト削減手順と、おすすめのサプライヤーをもとに、コスト削減を実施してくれます。無料でデモ版を試すこともできますので、気になる方はチェックしてみてください。

まとめ

以上、「Photo Bank」「月極ライダー」「Freax」「Leaner」の4つのサービスを紹介させていただきました。

富士フィルムのカメラを使っている身としては、やはりPhoto Bankが気になりますね……! 普段、撮りためた写真の整理があまりできておらず、フリープランもあるということなので、まずは試しに使ってみようと思います。

一方で、この中ではFreaxが気になっている人も少なからずいるのではないでしょうか。特に複数のアーティストを追っている人ほど、ライブチケットの発売日や申込期限の確認は大変なはず。情報を見逃さないためにも、ぜひチェックしてみてください。

けいろー

けいろー

平成元年生まれ。新卒入社した大手メーカーで1年半働いた後、退職。現在、ライターの道を行かんと日々精進。ネット、アニメ、音楽、着物が好き。

記事一覧はこちら

  • BLOG

ninoya inc.のお知らせ

この記事はいかがでしたか?

いいね!と思ったらボタンを何度でもタップ!いいね数はライターに届きます。

24LIKES

LIKE

ライターへ感想を送るライターへ感想を送る

Share

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。

pagetop