やさしいWeb集客の話

5周年に寄せて

2019年3月。

ninoyaは5周年をむかえました。

 

おかげさまで5期連続の売上増。

内訳は受託と自社プロダクトが半分ずつ、すべての事業が伸びています。

中心にあるのは、Webを通じた企画とマーケティングを体現するチームの力です。

 

他方でコンサルティングの場面では、求められるものが変わってきました。

昨今、Webマーケティングの手法は大半が明らかにされています。

解説サイトも書籍も充分すぎるほど。

 

では、なぜ未だに同様の課題が減らないのか。

 

例えるなら、ダイエットが近いでしょうか。

痩せる方法論は多々あれど、実行と改善をどのようにドライブさせるのか。

 

課題を持つ現場は方法論を求めている訳ではありません。最適な答えを望んでいる。

一方で、その裏にはある種の問題もはらみます。

 

「正しいアイデアを見つけるためには、正しく課題を定義しなければならない」

 

いくつかの方法を試しても成果が出ない。

そんなときは、手法そのものではなく、課題の設定が誤っている場合があります。

 

私たちに最も求められているものは、その課題の抽出と言語化である。

しばしばそのように感じています。

 

正しい課題を見つけるためには、適切な問いかけが必要です。

お客さまに問いかける前に、深く、繰り返し、自己に問いかける必要があります。

社会に、周囲に、自分自身に興味を持って。

 

その工程を重ねる以外に近道はありません。

 

それはときに苦しいけれど、きっと楽しい道のりです。

何より、多くのご相談をいただいていることに感謝を申し上げます。

 

一日一歩。どうぞ、今期のninoyaにもご期待ください。

古越 幸太

「もともと何されてたんですか?」→「公務員保育士です」で、初対面の方でも5分は話せるのですが、次に続く鉄板の雑談ネタがないのがここ10年来の悩みです。

記事一覧はこちら

  • BLOG

ninoya inc.のお知らせ

この記事はいかがでしたか?

いいね!と思ったらボタンを何度でもタップ!いいね数はライターに届きます。

19LIKES

LIKE

ライターへ感想を送るライターへ感想を送る

Share

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

pagetop