朝のご挨拶

マーケターの素養

いま僕は34歳ですがわりと便利な年齢で、ある程度上の年齢層に向けた商材も、下の層に向けた商材も理解することができます。

でも、年に一つ歳を取って、時代の感性と自分の感性がずれていく怖さもあります。

 

20代後半くらいまででしょうか。世界が欲しいものはきっと自分の欲しいものだ、みたいな感性って往々にして持っていますよね。職業としてマーケティングに勤しむ人は、自分の世界と他人の世界、あるいは自己と他者の境界に線を引くことが求められます。

感性をベースにするのではなく、ポテンヒットでも送りバントでもいいから、商材に依らない成果を出すこと。

 

言葉にすると単純ですが、難しいですよね。一つはどれだけ自分に興味がない商材でも、世の中の多くの人が興味を持つことにはアンテナを立てること。知るだけではなく実際に足を運ぶなり触れてみること。

好奇心こそがマーケターにとってもっとも大切な素養かもしれません。

古越 幸太

古越 幸太

「もともと何されてたんですか?」→「公務員保育士です」で、初対面の方でも5分は話せるのですが、次に続く鉄板の雑談ネタがないのがここ10年来の悩みです。

記事一覧はこちら

  • BLOG

古越 幸太 からのお知らせ

Web集客にお悩みですか?

私たちがなぜ集客できるのか。集客のご相談をいただく際に、必ずお伝えしているある話があります。

この記事はいかがでしたか?

いいね!と思ったらボタンを何度でもタップ!いいね数はライターに届きます。

5LIKES

LIKE

ライターへ感想を送るライターへ感想を送る

Share

ninoya inc.のお知らせ

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。

pagetop