やさしいWeb集客の話

訪問者数(UU)と問合せ率(CVR)どちらから上げるべきか

※本記事は #ninoyaTV – 035「訪問者数(UU)と問合せ率(CVR)どちらから上げるべきか」をもとに、読みやすく編集を加えた記事です。

 

亀田:皆さんこんにちは。ninoyaTV司会の亀田です。

 

古越:古越です。

 

亀田:本日もよろしくお願いします。この番組では、皆さまからお寄せいただいたWebマーケティングのご質問にお答えしております。本日もご相談をいただいております。

訪問者数(UU)と問合せ率(CVR)どちらから上げるべきか

毎週ninoyaTVを楽しく拝見しています。鶏・卵だとは思いますが、Webマーケティングにおいて、訪問者数を増やすことと、問合せの獲得率を上げることは、あえて言うならばどちらから先に着手するべきでしょうか。

 

古越:確かに鶏と卵ではあるのですが、今回は回答が明確なので、お話をしていきたいと思います。

 

ポイント1 CVRを上げるほうが重要

古越:先に結論を申し上げると、問合せの獲得率、いわゆるCVRを上げるほうが重要です。

 

亀田:断言されますね。

 

古越:もちろんどちらも大切ですが、あえて言うならばCVRということです。

 

亀田:なぜCVRのほうが重要なのでしょうか?

 

古越:訪問者数、いわゆるUU(ユニークユーザー)を上げるのって、ノーコストではできないんです。お金を払って広告を打つか、時間をかけてSEOやSNSに取り組むか、いずれにしてもコストがかかります。そのコストを払う理由が、CVRが見えないと担保できないというところがポイントになります。

 

亀田:担保できないというのは?

 

古越:例えば金魚すくいに行って、穴の空いたすくいを渡されたら、お金を払いますか?

 

亀田:金魚がすくえないので、普通は断ります。

 

古越:そうですよね。CVRが見えない状態で訪問者を増やすというのは、そういうことなんです。

ポイント2 平均CVRを把握できていることが条件

亀田:じゃあ、まずはCVRを上げることから取り組むべきということですか。

 

古越:はい。ただ、一つ前提があって。CVRの平均値が見えていることが条件です。

 

亀田:平均値ですか?

 

古越:毎月の平均的なCVRです。

 

亀田:分かっていない場合はどうなるんですか?

 

古越:金魚すくいでいうと、渡される網のサイズが毎回分からないのと同じ。そもそもどんな網を渡されるか分からないと、「網を強くしたい」と思っても、何をどうすればいいのか想像がつかない状態になってしまいますよね。

 

亀田:その場合はどうすればいいのでしょうか。

 

古越:アクセス解析を導入して、平均CVRを測ることをお勧めします。以前、アクセス解析のご説明した回があったと思いますので、そちらを参考にしていただけるとうれしいです。

 

参考1)アクセス解析におけるGoogle Analyticsとサーチコンソールの使い分け
https://ninoya.co.jp/ninoya_log/easy_webmarketing/18526

 

参考2)アクセス解析はまずどこから取り組むべきか
https://ninoya.co.jp/ninoya_log/easy_webmarketing/18800

 

平均がつかめると、それと同時に傾向が分かってきます。例えば曜日や時間帯で問合せの繁閑はあるのか、PCやスマートフォンなど、デバイスによって問合せ率が違うのかなど、そういったことがつかめるようになってきます。

 

亀田:でもそれを測定するには、一定の訪問者が必要ですよね。

 

古越:そうなんです。ここは鶏・卵問題で捉えないほうがいいですね。確かに平均的なCVRを測るためには、ある程度の訪問者が必要です。

ポイント3 CVRの伸びしろがある場所で取り組む

亀田:そうすると、CVRではなく、UUを先に増やさないといけないことになりませんか?

 

古越:いえ、平均値が取れればいいのですから、一定期間広告を打って初動が見られれば十分です。新しいサイトやLP(ランディングページ)を作った場合は、2週間から1カ月ほど見ることが多いです。

大事なのは、作ったサイトやLPの打ち出し方について、この方向性で問合せが獲れるのか、伸びしろがあるか、ある程度当たりをつけること。

訪問者を連れてくることは、ある程度コストさえ払えばできますが、「ここに連れて来れば、このパーセンテージで問合せが必ず生まれる」という仕組みを作るのって、なかなか一筋縄ではいかないんですよ。

 

亀田:なるほど。つまり、CVRが上がる見込みがなければ、コストをかけても仕方がないということですか。

 

古越:その通りです。CVの伸びしろがあるかを見定めた上で、CVRの向上に取り組んでから、UUを増やしていく。この順番で考えるといいですね。具体的な増やし方に関しては、過去の回にもご案内しているので、ぜひご参照いただけるとありがたいです。

 

亀田:本日もお送りしてまいりましたninoyaTV、参考になった方はぜひ「いいね」ボタンを押してください。

ninoyaでは、Webマーケティング全般を学ぶ書籍「ふりむかせる技術。」をリリースしました。こちらも説明欄から無料でダウンロードができます。

ninoyaTVへの質問

トップページ中段のポストよりお送りください。

ninoyaTVの感想

SNSよりハッシュタグ「#ninoyaTV」でお知らせください。

オンライン無料相談

30分間無料でオンライン相談を受け付けております。

 

火曜22時配信の「#ninoyaTV」、こちらよりチャンネル登録いただき次回配信をお待ちください。

古越 幸太

古越 幸太

「もともと何されてたんですか?」→「公務員保育士です」で、初対面の方でも5分は話せるのですが、次に続く鉄板の雑談ネタがないのがここ10年来の悩みです。

記事一覧はこちら

  • BLOG

ninoya inc.のお知らせ

この記事はいかがでしたか?

いいね!と思ったらボタンを何度でもタップ!いいね数はライターに届きます。

2LIKES

LIKE

ライターへ感想を送るライターへ感想を送る

Share

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。

pagetop