地方でフリーランスとして生きること

暇が不安なフリーランスに伝えたいこと

「仕事がない」状況は、フリーランスにとって、ものすごく不安です。私もそういう時期があり、「なんでもやります!お仕事ください」という心境で、焦りだったり、先が見えない不安だったりを感じていました。

でも、「仕事がない」つまり「暇」な時間は、フリーランスを長く続けたいなら、本当に貴重です。活躍されているフリーランスの皆さんを見ていると、皆さん本当に暇の使い方が上手。結果的に暇の使い方が上手だから、忙しそうなんですけどね(笑)。

 

 

なぜ暇な時間が大事なのか

フリーランスにとって暇な時間が大事な理由は、次の2つです。

やりたい仕事をするため

私は、あと1件だけ新規で仕事を請けられる余力を残すように心掛けています。
ふらっと「これ、絶対にやりたい!」って仕事が舞い込むことがあるので、それに対応できるようにするためです。
自分で仕事を選べるのがフリーランスの良さなのに、忙しくて請けられないというのは悲しすぎますね。だから、暇な時間を作っておくのです。

長く仕事を続けるための投資をするため

最新情報を仕入れたり、知識を深めたり、ブログなどの資産を作ったり、今後の方向性を考えたり……、長く仕事を続けていこうと思ったら、インプットもアウトプットも欠かせません。
私自身、フリーランスになった当初の仕事のない時期に、集中して勉強する時間を作れたことが、今に繋がっています。自分の武器を磨く時間という位置付けですね。
仕事に追われ、こういった時間がなくなってしまうと、今は良くても数年後に差が出てきます。

 

暇な時間の作り方

そうは言っても、暇な時間なんて捻出できないよという方、忙しいが口癖の方は、新たに1件だけ仕事を増やしてみるのはどうでしょうか。
「はぁ~!?余計忙しくなるじゃん!」という怒りの声が聞こえてきそうですね。
実際、本当に忙しくなります。
でも、その1件が終わった後に、「あれ?時間あるかも」となれるのです。
やらなくても良いことが削ぎ落されて、本当にやるべきことが見えてきます。
少々ハードな技ですが、おすすめですので、覚悟のある方はお試しを!

 

最後に・・・

一番避けたいのは、暇で不安だからという理由で仕事を請けること。稼げるうちに稼ぐという考え方もあるのでしょうが、個人的にはおすすめしません。次のステージにいきたい、ステップアップしたいと思ったら、暇な時間こそチャンスと思い、未来へ投資していきたいですね。
最後に投資の優先順位を上げられない人は、人を巻き込むのがコツ。私は自分のブログは書けないのですが、ninoyaさんのブログは書けるんですね。いつまでに書くという約束をしているので、続けられているのだと思います。

ぜひ、暇な時間の使い方を考えてみてください。

奥地 美涼

奥地 美涼

都会で働くキャリアウーマンを夢見て東京の大学院に行ったものの、企業に就職することなく、2005年から故郷である鹿児島でフリーランスという形で仕事をしています。地方に住みながらも約7割のお客様は関東の会社です。ライター業からスタートして、今はWeb関連の業務を主に担当しています。仕事に関するご相談は、HPの「実績&お問い合わせ」、あるいはTwitterのDMよりご連絡をください。

記事一覧はこちら

  • HP

この記事はいかがでしたか?

いいね!と思ったらボタンを何度でもタップ!いいね数はライターに届きます。

8LIKES

LIKE

ライターへ感想を送るライターへ感想を送る

Share

ninoya inc.のお知らせ

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。

pagetop