朝のご挨拶

西野さんの話

例の「お金の奴隷解放宣言」の記事の感想です。記事単体に対する思い入れはなくて、どちらかというと周囲の反応に興味が沸いていました。

 

西野さんがとった知名度を活かしたフリーミアム戦略。素晴らしいです。反対側にいる消費者の私たち。無料で絵本が見られることに損はありません。

資本家と消費者という観点で見た場合、みんな幸せなんですよね。ビジネスを分かってないって向こう岸を笑うひとは少なくないでしょう。

 

でも、私たちはもうひとつの顔を持っています。労働者ですね。この観点から見ると彼の行動って不義理だし、ダンピングの色をまといます。同じ業界に属するひとなら尚更でしょう。

この構図、ファストファッションや電子書籍でも見られます。消費者の視点と労働者からの視点って話が噛み合わないんですよね。一昔前だと「商店街がつぶれるのは悲しいけど、日常の買いものはイオンで済ませる」みたいな話です。

 

相手はどの視点から話しているのか。分かり合えないときの想像力が試されますね。

古越 幸太

古越 幸太

「もともと何されてたんですか?」→「公務員保育士です」で、初対面の方でも5分は話せるのですが、次に続く鉄板の雑談ネタがないのがここ10年来の悩みです。

記事一覧はこちら

  • BLOG

古越 幸太 からのお知らせ

Web集客にお悩みですか?

私たちはなぜ集客できるのか。集客のご相談をいただく際に、必ずお伝えしている話があります。

この記事はいかがでしたか?

いいね!と思ったらボタンを何度でもタップ!いいね数はライターに届きます。

10LIKES

LIKE

ライターへ感想を送るライターへ感想を送る

Share

ninoya inc.のお知らせ

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。

pagetop