地方でフリーランスとして生きること

フリーランスが顧客と信頼関係を築くために欠かせないもの

ノウハウの収集が趣味になっている方はいませんか?

これ、すごく危険だと、私は思っています。

 

 

何も、雑誌やネットで読むことができるノウハウが無駄、ダメだと言いたいわけではありません。とても参考になる情報もたくさんあるでしょう。

「できるフリーランスの特徴」なんてノウハウを見つけたら、フリーランス歴13年の私もついつい読んでしまいます。

できる人になりたいという本能なのでしょうね。
実際、ノウハウを知ったことで、一気に階段を駆け上がった人もいると思います。

例えば、クラウドソーシングで仕事の提案をしても、毎回仕事を獲得できない……。
その原因が提案方法にあって、必要な情報が網羅されていなかったのだとしたら、どんな内容を入れるといいのかというのを知ることで、仕事を獲得できるようになるというのはあるでしょう。

ただ、こうしたコツは、一通り知ったら、あまり深追いしないほうがいいと思います。

深追いすべきは、ノウハウではなく、実力

顧客との信頼関係を築くために欠かせないものは、成果。

良くも悪くも、「成果」が全てなのかもしれないと思う機会が今年は多かったです。
最初の打合せの席で、あまり好印象を残せなかったと思う案件がありました。相手の方は、私を見て「この人で大丈夫かな」と不安だったのではないかと思います。

でも、仕事自体は、これまでの経験を元に提案もしつつ、より良い方法を選びながら、とてもスムーズでした。成果物も、良いものが完成したと胸を張れます。

その結果、最後には「あなたにお願いして良かった」という、私にとって一番嬉しい言葉をいただきました。そして、なんとプラスの評価報酬まで。

結局のところ、成果って、自分の弱点までも消してくれるものなんだなと、改めて思いました。
ただ、成果を出すって、小手先のテクニックではどうにもならないことも多くて、簡単にはいかないことのほうが多いです。だから、ノウハウとか成功した経験談とかに、目がいきがちなのだと思います。

本当は、一番追求しないといけないのは、成果だということは、誰しも分かっていると思うのですが。
こうして仕事で結果を出すことで信頼関係を深めることができたクライアントとは、長くご縁が続くものです。
日々コツコツと実力を積み重ねていきたいですね。

奥地 美涼

奥地 美涼

都会で働くキャリアウーマンを夢見て東京の大学院に行ったものの、企業に就職することなく、2005年から故郷である鹿児島でフリーランスという形で仕事をしています。地方に住みながらも約7割のお客様は関東の会社です。ライター業からスタートして、今はWeb関連の業務を主に担当しています。仕事に関するご相談は、HPの「実績&お問い合わせ」、あるいはTwitterのDMよりご連絡をください。

記事一覧はこちら

  • HP

ninoya inc.のお知らせ

この記事はいかがでしたか?

いいね!と思ったらボタンを何度でもタップ!いいね数はライターに届きます。

7LIKES

LIKE

ライターへ感想を送るライターへ感想を送る

Share

Follow on SNS

SNSとメルマガでninoyaの最新情報を配信中

メルマガ登録

メルマガ登録

週1回&酒と泪と女と女更新時にメルマガをお届けしています。

入力内容にエラーがあります。

pagetop